【キャンピングカー購入記】注文から納車編 ①

【キャンピングカー購入記】注文から納車編 IC キャンピングカー購入記
スポンサーリンク

最初に軽キャンピングカーをレンタルしてから数年、いつかキャンピングカーを買う日を夢見て、いろいろなタイプをレンタルしました。そしてとうとう自分たちのキャンピングカーを手に入れる時が!購入車の決定から納車までのキャンピングカー購入記、その1です。

スポンサーリンク

これまでにレンタルしたキャンピングカーたち

キャンピングカーのタイプについてはこちらを参考にしていただければと思います。
【アウトドアの最強アイテム】キャンピングカーの基礎知識

軽キャンピングカー

【レンタルキャンピングカー体験記】軽キャンで四国をぐるり旅 ①
はじめてのキャンピングカーに選んだのは、ハードルが低いかなと感じた軽キャンピングカーでした。

これでキャンピングカーの良さを実感しました!

キャブコンバージョン

レンタルキャンピングカー体験記】キャブコンMushで長野を夏旅 ①
コンパクトなキャブコンで軽キャンピングカーから一歩前進。

【レンタルキャンピングカー体験記】キャブコンヴォーンDCで群馬長野旅 ①
標準的なキャブコンの大きさ、後部キッチンタイプのレイアウトの居住性を確認。

【レンタルキャンピングカー体験記】キャブコン ナッツクレアで千葉の旅 ①
夫婦二人の長旅に良さそうな、後部常設ダブルベッド仕様の居住性を確認。

バンコンバージョン

【レンタルキャンピングカー体験記】バンコンフォックスDiで福島会津旅 前編
ハイエースベースのバンコンです。サイズ感や運転性能を確認。

早起き鳥一家がキャンピングカーに求めるモノ

キャンピングカーを買う最大の目的は「のんびり二人で長旅に出る」こと。これまでのレンタル体験をふまえて、早起き鳥一家がキャンピングカーに求める条件はこんな感じになりました。

キャンピングカーの内外のサイズ

■車全体のサイズは6m未満、できれば5m台の前半
これは、普通の駐車場にも場所を選べばとめられるサイズです。サイズが大きくなれば居住性は上がりますが、旅先での駐車場の問題、フェリーの代金などにも影響します。車幅も同じ理由で2m前後くらいのもの。

■車内高が180cm以上
これまでのレンタル体験で、普通に立って車内を移動できないのはかなりのストレスになりました。Pの身長より高い車内高のリビングやキッチンスペースをもつものを探したい。

キャンピングカーのレイアウト

■前後でセパレートできる室内レイアウト
前方にリビングスペース、後方に常設ベッド、間にマルチルームをはさむような空間を分けられるレイアウトがいいなと思っています。

長旅ではどちらかが体調不良になったりすることもあるかも。そんなときでもお互いが気を使うことなく、休めたり、過ごしたりできるにようにしたいのです。

■常設ベッド
毎回ベッド展開をするのは地味に面倒、長旅ではストレスになってきそうです。

(リビングストーンK2の常設ダブルベッド)

キャンピングカーのほしい装備

■FFファンヒーター
エンジンをかけなくても暖房がつけられます。これは大事な装備なので、オプションでもつけたいと思っています。

■ガスコンロの燃料タイプ
カセットガスタイプがベストだと考えています。カセットガスのボンベはどこでも買えますから、一番利用しやすい燃料です。

■大きめの冷蔵庫
バンコンやキャブコンではほとんど装備されていますが、大事な、というか必須の装備のひとつです。できれば90Lタイプが欲しいところです。

この時点での候補は2つ

キャンピングカーショーやネットの情報でいろいろ検討してきて、大体2つに絞れてきました。ハイエースベースの国産バンコンか、欧州車ベースの輸入バンコンです。どちらも後部に常設ダブルベッドで、上記のほかの条件もほとんど満たしています。

あとは実物を見て、全体の感じとか、ネットで見た仕様書のベッド寸法でちゃんと寝られるのか、などなど実際に見て確かめてから結論を出すことにしました。

実際、ここまですごく悩みましたねえ

自分たちのキャンピングカーを注文!

2つの候補車の現物を見てみようということで、マンションの売却活動中ながら車を見に行くことに。そこで劇的な結末が待っていました。(そのお話はこちらから)

静岡での出会い、K3

候補のうちのひとつ、輸入バンコン「K3」を見にフジカーズジャパンへ。実際に見た「K3」の見た目は、

「 カッコいい!! 」

ここでもう気持ちはこちらに決まってしまっていたようです。でも、資金問題など購入までまだ解決していない問題があったのでこの場では決めませんでした。

なぞのくるまK2に会いに行く、そして注文!

家に帰ってからネットで「K3」の情報を見ていろいろ検討していると、そこにPが

「K2っていうのもあるんだよ、これどういうことだろ?」

外装は同じですが、内部の仕様に違いがあるんです。でも、ネット上ではどういうことかよくわからず・・・。資金問題が片付いて勢いがついたところで、「K2」があるというフジカーズジャパンの別の支店へ次の週に見に行きました。

(これは納車後の写真になります)

どちらも基本的な仕様は後部常設ダブルベッド、間にレストルームをはさんで前部がリビングスペースになっています。キッチンはレストルームの向かいにあります。

                         (※画像はHPからお借りしました)

リビングスペースになるダイネットは運転席・助手席を回転させてセカンドシートとの対面式ダイネットになります。この部分がとても空間効率がいいんですよね。なので全長は5.4mにおさまっています。

レストルームの配置、キッチンにある折り畳み式の延長カウンター、キッチンわきのボトルスペースなど細かな仕様のところで「K2」がかなり気に入ってしまいました。もちろんベッドのサイズもPが横たわって確認しました、文句なし。

現在はHPに表記があり、K2は日本特別仕様だそうです

車をさらによく見せてもらって説明を聞いて、オプションの話を営業の方としながら見積もりを出してもらうことにしました。そして、

「決めちゃう?」「いいと思うよ!」

ということで、内金を入れて注文をしました。

とうとう、とうとう買っちゃいましたよ!!
マイキャンピングカー!!

次回は、注文時につけたオプションなどのお話です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました