【キャンピングカーで日本をめぐる旅2022】春の九州5県めぐり① 別府ゆきフェリーに乗船 

2022春の九州5県めぐり IC キャンピングカーで日本をめぐる旅
スポンサーリンク

2022年3月下旬スタートのキャンピングカー旅、いよいよ初めての九州上陸です!大分県からスタートして九州北部の5県をめぐります。

旅1~2日目、自宅から一路大阪港のフェリー乗り場へ。別府ゆきのフェリーさんふらわあ「あいぼり」でいよいよワクワクの九州旅へ!

スポンサーリンク

1日目:自宅を出発、京都の道の駅へ

さあ、九州へ旅立とう!

ご時勢でいろんなことが延び延びになり、今はもう2022年の3月。この春こそは九州へ!と3月になってすぐ3回目のワクチン接種を済ませて、あとは”まんぼう”の解除を待つばかり。解除決定とともに準備をすませ、いざ春の九州へ!

まず目指しているのは、別府ゆきのフェリーが発着している大阪フェリーターミナル。今回の九州旅はフェリーで大分県別府に上陸、そこから熊本県の北部、長崎県、佐賀県、福岡県と九州北部の5県を約1か月かけて巡る予定です。さてどんな景色と出会えるかな~、ワクワクです。

道の駅「お茶の京都みなみやましろ村」へ到着

昼に自宅を出発して、旅立ちの食材整理ついでにつくったお握りを食べながら走ります。愛知県を横断して三重県へ。三重県を走り過ぎて京都府へ。夕方、京都にある道の駅「お茶の京都みなみやましろ村」へ着きました。

2021近畿~山陰大横断の春旅 道の駅お茶の京都みなみやましろ村

まだショップが開いていたので、さっそく中へ。抹茶ソフトクリームが大人気だなあ。レストランはもう閉まっていましたが、モーニング営業があるんですね。茶粥セット、おいしそうだなあ…。

特産品ショップ、京都の道の駅だけに漬物の種類が豊富です。そして特産や農産物に加えて、コンビニ的なコーナーというか飲み物、軽食、日用品なども揃っているのが便利なところ。

今日は以前買っておいしかった紅ショウガと、うま辛ごぼうキムチをゲットです。ご飯のお供にもお酒のアテにも良さげです。

■ 道の駅お茶の京都みなみやましろ村 ■
所在地 ▶▶
京都府相楽郡南山城村大字北大河原小字殿田102
環 境 ▶▶
国道163号線沿い、夜は交通量少ない      
駐車場 ▶▶
普通車126(身障者用2)台、大型車15台
トイレ ▶▶
ウォシュレットあり      
お 店 ▶▶
特産品・農産物ショップ、レストランなど
その他 ▶▶
ホテル「フェアフィールド・バイ・マリオット・京都みなみやましろ」隣接
※情報は行った時間帯により確認できた内容のみとなっています。

今夜の車中飯:サバの塩焼き、茄子の漬物

今日は静岡県から京都府まで爆走お疲れ様でした~!ということで途中のセブンで見つけたおいしそうなスコッチウイスキーハイボールでかけつけ一杯。

家で焼いてきた塩さば、それから茄子漬、それからこれも作ってきたガパオライスを食べました。明日は大阪入りして、フェリー乗り場へ行きます。

2日目:別府ゆきフェリー、手続きから乗船まで

大阪港、別府ゆきフェリー乗り場へ

おはようございます、旅2日目の朝です。「ちょっと早いかな?」と思いましたが、大阪港にあるフェリーさんふらわあのターミナルへ着きました。出航は19:05なのに、まだ昼前だよ…。乗船待機をする駐車場はもう開いていたのでK2を停めて、と。

奥に見えているのが今夜乗るフェリーさんふらわあ「あいぼり」、旅の気分高まります!

フェリーの乗船手続きを待ちながら

大阪~別府(大分)、大阪~志布志(鹿児島)をむすぶフェリーさんふらわあ、大阪港での乗り場はATC(アジア太平洋トレードセンター)という大きなビルの前にあります。別府ゆきの乗船手続きはATC内にある第1ターミナルで行います。

乗船待ちの駐車場からは、階段かエレベーターで2階にあるATCビルの入口にアクセスできます。ビルに入ってすぐ横にトイレ、通路を進むとローソンの隣にフェリーさんふらわあの第1ターミナルがありました。よし、場所の確認オッケー。乗船手続き開始はこの日は16:00からでした。

ATCにはいろいろなショップやレストランが入っているので、ランチを食べたり(中華おいしかった!)ダイソーやロゴスショップをのぞいたりして時間をつぶします。

ヒマだったので、ダイソーで買ってきたタイルステッカーでテーブルをちょっと綺麗にしてみましたよ。いい仕上がりに満足しながら、まったりとコーヒータイム。

別府ゆきフェリーの乗船手続き開始

乗船手続き開始時間(この日は16:00)になったので、乗船手続きをします。まずは検温・アルコール消毒、それから窓口で発券手続きを。ネットで予約をして必要な情報を入力しておけば、車検証の用意や、書類の記入は必要ありません。

ちなみにキャンピングカーの場合はネットで予約できないんですねえ。(8ナンバーはキャンピングカーだけではないので、ということのようです)電話での予約になりますが、予約の際に乗船者や車両の情報を伝えてあるので、ネット予約と同じように手続きできました。

ちなみに電話予約の際に予約番号とアクセスキーを教えてもらえるので、ネットから予約の確認をすることができます。

別府ゆきフェリーさんふらわあ「あいぼり」にいよいよ乗船!

発券をすませたら、ビル内の飲食店のテイクアウトやローソンで夕飯の調達を。それからK2に戻って「別府ゆき」の紙をダッシュボードに乗せて待ちます。

17:30を過ぎた頃に係の人からの乗船券の確認がありました。そういえば、名古屋~苫小牧のフェリーのときは同乗者は歩いて乗船だったんですが、このフェリーは車で運転者と一緒に乗船できるんですねえ。すごく助かります。

18:00近く、いよいよ乗船の誘導がはじまりました。フェリーの出航時刻は19:05です。18:00過ぎには船内へ、3階のインフォメーションで部屋のカギを受け取りました。今回とった部屋は「ファースト」です。

ファーストは2段ベッドが2つある4人部屋です。ただ今は2人利用の際にかかる貸切り料金はサービス中。部屋には、テレビ、テーブルと座布団、洗面台があります。ちょっと部屋が寒いな~。

4人部屋なので、アメニティやスリッパ、浴衣も4人分そのまま入っています。

入口脇にある洗面台です。歯磨きなんかでいちいちトイレに行かなくていいのは便利です。

出航15分前のドラが鳴りました!もうすぐ出航ですね~。
次の回ではフェリーの内部を少しご紹介したいと思います。

コメント 記事の感想や旅の情報など、気軽にお寄せください

道の駅情報まとめ

これまでの旅で訪れた道の駅情報です。
現在240箇所
北海道25東北50関東甲信35東海38北陸16近畿26中国18四国32箇所!

■ ■ ■  ラーメンまとめ ■ ■ ■

ラーメンまとめ

全国旅して麺ライフ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました