【レンタルキャンピングカー体験記】バンコンフォックスDiで福島会津旅 前編

バンコンフォックスDiレンタルで福島旅 IC  キャンピングカーレンタル体験記
スポンサーリンク

今回で3度目、レンタルキャンピングカーで旅をした記録の1日目です。福島県会津地方を中心に3泊4日でまわりました。フォックスDiというバンコンをレンタルした感想と、訪ねた場所、食べたものなど。初めてのバンコンタイプのキャンピングカーの乗り心地はいかに!?

スポンサーリンク

3回目にレンタルしたキャンピングカー バンコン フォックスDi

レンタルしたフジカーズジャパンのキャンピングカー「FOCSDi」(フォックスDi)の現行車種の概要をご紹介します。

現行  フォックスDi(FOCS Di )の概要

ベース車種:トヨタハイエース スーパーロングキャンパー
エンジン:2700cc ガソリン (2WD/4WD)
定員:乗車定員7名 / 就寝定員大人3名(大人2名+子供2名)
全長/全幅/全高:5380mm/1880mm/2380mm
常設2段ベッドサイズ:185cm×86cm
ダイネット部:160cm×80cm
マルチルーム:幅188cm 奥行(不明、45cm程度)       

「FOCSDi(フォックス ディーアイ)は夫婦2人旅や家族4人での旅行に適したキャンパーです。初心者の方でも安心してお乗り頂けるハイエースをベースとしキャンピングカーとしての機能も充実させた作りになっています。」(フジカーズジャパンHPより)

今回のレンタル車にはトイレがありませんが、マルチルームにはポータブルトイレが装備されています。

フジカーズジャパン
https://focs.campnofuji.jp/di/index.html

レンタルしたバンコンフォックスDi (FOCS Di ) の内装や装備品

主な装備は、最後部にマルチルーム、2段ベッド、ダイネット、ダイネットは展開して子供用のベッドになります。電子レンジあり、冷蔵庫、ガス台はありません。給排水タンクは各10Lです。

写真が常設2段ベッド、向かい側がキッチンカウンターになります。どちらも上部に収納キャビネットがあります。写真右のドア奥がマルチルームです。ドアを閉めるとキッチンカウンターの補助テーブルを開くことができます。

キッチンのカウンターは奥行きは少なめですが、シンクの左右にかなりのスペースがあります。マルチルームへのドアにある補助テーブルを開くとさらにカウンタスペースは広がり、使いやすくなります。

ダイネットは1列のシートのみで前に写真のようなテーブルがついています。前部はすぐ運転席と助手席のシートですが、ダイネット使用時は前に倒しておくことで空間が広く感じられます。

テーブルは奥行きが狭めですが、左右にサイズがあるので上の写真のように料理はかなり広げられます。またわかりづらいですがカップホルダーが3つあります。

福島会津をバンコン「フォックスDi」でたずねる旅 1日目

前回のキャンピングカー、ライトキャブコンの「マッシュ」をレンタルした翌年の2016年、今回はタイプの違うものを借りようということでこのバンコンタイプの「フォックスDi」をレンタル。見た目はハイエースのロングタイプですが、中にはキャンピング機能がつまっています。

バンコンでのキャンピングカー旅、とても楽しみです。今回は柏市まで電車で移動、そこから借り出し手続きをして福島県の会津を目指します。

この日のルート

START  柏市 ▶ 三依渓流つり場 ▶ 道の駅湯西川

                  ▶ 道の駅 会津西街道 たじま  GOAL

借り出してフォックスDiを走らせる

電車で移動し駅までお迎えにきてもらって借り出し手続きをします。今回のレンタル車は冷蔵庫とガス台がないので、クーラーボックスやガス台の代わりになる調理道具などのかさばるものはあらかじめ宅配便で送っておきました。

借り出し場所の営業時間が10時からなので、手続きをすませ車を出すころには10時半をすぎていました。今回は福島県会津をめざしながら下道でのんびり行こうという計画です。車の長さには気をつけないといけませんが、他は普通のワゴン車を運転する感じです。

ところが。

というか当然というか連休初日のせいか道路がとても混雑・・・。お昼ごはんは作ってきたお弁当を交代で食べて栃木県に入り、最初の目的地である日光市にある三依渓流つり場を目指していきます。

日光市とはいっても限りなく福島に近い中三依という地域にあるこのつり場、はたして間にあうのか・・・。

三依渓流つり場のご紹介

結局、道路混雑でとっても楽しみにしていた三依渓流つり場には時間的に間に合いませんでした。ここで三依渓流つり場をご紹介させていただきますと、

「全長800mの自然な流れの川を自然石を利用し各スペース(約63)に区切ってあります。
お好きな場所とご希望の魚種を選んで頂きましたら係の者が放流致します」(三依渓流つり場HPより)

ということで入漁料ひとり2700円で営業時間内無制限でのんびり釣りを楽しむことができます。訪れたのは3年くらい前ですがもう一度来たいと思っていた場所なんです。釣った魚は炭火焼きだと1匹100円で調理してもらえます。炭火焼なので時間はかかりますがとってもおいしいですよ~。

前回Qはイワナを釣ったんですよ♪

道の駅湯西川「湯の郷」で入浴

14時すぎた時点で釣り堀をあきらめた(最終受付は15時まで、営業は16時まで)早起き鳥一家は、少し手前の道の駅湯西川にある「湯の郷」でお風呂に入ることにしました。(入浴料大人ひとり510円)

五十里(いかり)湖沿いにあるこの日帰り温泉はお風呂からの眺めがとてもいいです。しかしここはまだ日光市、福島は遠いです。この後も121号線を北上し、福島県に入ってほどない「道の駅会津西街道」に到着。

ここで力尽きたので、鶏肉の照り焼きでお疲れ様の乾杯です。おやすみなさい。

三依渓流つり場 :  栃木県日光市中三依1293
道の駅湯西川 :  栃木県日光市西川478−1
道の駅たじま :  福島県南会津郡南会津町糸沢男鹿沼原3242−6

コメント

タイトルとURLをコピーしました