【キャンピングカーで日本をめぐる旅2021】近畿~山陰大横断の春旅 ㉜ 萩城下町あるき

2021近畿~山陰大横断の春旅 山口旅 キャンピングカーで日本をめぐる旅
スポンサーリンク

2021年3月下旬、フェリーで三重へ渡りました。そこから桜を求めて奈良へ、京都へ。近畿を旅したその後は、山陰へ足を伸ばして下関まで大横断!感動とワクワクのキャンピングカー旅です。

旅24日目、萩を満喫中の早起き鳥一家。幕末の遺構や松陰神社を訪ねたあとは萩の城下町を散策します。

スポンサーリンク

24日目:萩の城下町をぶらり

萩のまちなか散策:菊が浜駐車場からスタート

松下村塾・松陰神社をあとにして、萩市内の堀内地区にある菊が浜駐車場にやってきました。菊が浜に面した無料の駐車場(海水浴場のオープン期間は有料)で、トイレも整備されています。

松並木の向こうにはこんなきれいな砂浜が広がっています。白い砂に青い海、遠くに浮かぶ島々、きれいだな~。夕日の名所でもあるそうですよ。

写真左に見えているのは国指定天然記念物の指月山(しづきやま)です。この山の天然の要塞としてふもとに萩城が築かれました。

菊が浜駐車場 : 山口県萩市堀内2区

萩のまちなか散策:武家屋敷エリアを歩く

菊が浜駐車場から萩のまちなか散策スタートです。まずは駐車場前の道路を横断して、路地に入ります。ごく短い路地の突き当った左右が、旧家の長屋門などが見られる通りになっています。立派な木造の建物と、石垣・生け垣がずうっとならんでいます。ところどころに夏ミカンが実る木も。

このあたりは萩城の三の丸にあたるエリアで、藩の役所や大身の武家屋敷がならんでいました。なるほど、それで立派な長屋門や区割りの広い石垣が続いているのね。落ち着いた静かな通りをぶらぶらと気分よく東へ歩いていきます。

しばらく歩いて振り返ってみました。右側は旧増田家物見櫓、左の奥は旧繁沢家長屋門です。

萩のまちなか散策:城下町エリアを歩く

北の総門をくぐって掘割を渡り、県道295号線を渡って城下町エリアへ。県道295号線沿いに南北に伸びる掘割を境に、ゆったりした街並みから建物が寄り集まった城下町の街並みへと街の雰囲気が変わります。

堀割沿いに少し南下して、萩博物館前交差点から東に伸びる通りを歩きます。この通りを歩いていくと、菊屋横丁、伊勢屋横丁、江戸屋横丁の順番に各横丁への入口があります。まずは、江戸屋横丁から行ってみますか。

江戸屋横丁に入って少し歩いたところに木戸孝允(桂小五郎)の誕生地があります。

瓦の乗った塀がつづく江戸屋横丁の南の端で右に折れて、西へ歩きます。この通りには喫茶店や陶器のお店がいくつか。伊勢屋通りの入口を過ぎて菊屋横丁の入口へ。角には公園があって高杉晋作の立志像があります。

菊屋横丁を歩いていくと、高杉晋作の誕生地がありました。質素な門構えだと思いますが、どのくらいの身分だったのかな。

菊屋横丁を北に向かって歩くと、旧菊谷家の立派な土蔵の白壁がつらなっています。いい雰囲気だなあ。先ほどK2を停めた駐車場のある菊が浜、元は阿古ヶ浜でしたが町づくりに尽力した功績によって菊が浜と呼ばれるようになったそうです。ほほ~。

萩の城下町は高杉晋作、桂小五郎、蘭方医・青木周弼など、幕末維新の頃の優秀な人材が多く住んでいたんですねえ。街並みも風情があって素敵でした。

高杉晋作誕生地 : 山口県萩市南古萩町23
木戸孝允
誕生地 : 山口県萩市呉服町2丁目37

道の駅センザキッチンへ

萩のまちなか散歩、すごく楽しめました。さて、K2はさらに西へ、萩市から20キロほど西ある仙崎を目指しています。

20キロはすぐですね~、仙崎にある「道の駅センザキッチン」に到着しました。まだお昼前、ランチはここにしようかな。

ここ「道の駅センザキッチン」、「キッチン」と名前を付けているだけあってかなり「食」が充実しています!海産物・農産物がたくさんならぶショップやレストラン、フードコート、そしてバーベキュースペースも。これは迷っちゃうな~。

農水産物のショップで、このピカピカの刺身盛り(780円くらいでした!)を発見!他にもおいしそうなお弁当、つまみ等々を買い込みましたよ~。じゃあ、これから向かう予定のキャンプ場でのんびり食べることにしますか!さあ、行くぞ~。

■ 道の駅センザキッチン ■
所在地 ▶▶
山口県長門市仙崎4297-1
環 境 ▶▶
県道282号線沿い、海が目の前      
駐車場 ▶▶
普通車:148台、おもいやり駐車場5台、大型車8台、平ら
トイレ ▶▶
ウォシュレットあり      
お 店 ▶▶
特産品・農産物ショップ、飲食店複数あり
その他 ▶▶
コインシャワーあり
※情報は行った時間帯により確認できた内容のみとなっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました