【キャンピングカーで日本をめぐる旅2021】近畿~山陰大横断の春旅 ㉝ 二位ノ浜キャンプ場と日帰り温泉

2021近畿~山陰大横断の春旅 山口旅 キャンピングカーで日本をめぐる旅
スポンサーリンク

2021年3月下旬、フェリーで三重へ渡りました。そこから桜を求めて奈良へ、京都へ。近畿を旅したその後は、山陰へ足を伸ばして下関まで大横断!感動とワクワクのキャンピングカー旅です。

旅24日の午後は道の駅センザキッチンで食料を仕入れて、海辺の無料キャンプ場にやってきました。夕方には海ひとりじめの幸せ!

スポンサーリンク

24日目のつづき:道の駅センザキッチンから二位ノ浜キャンプ場へ

海が目の前!二位ノ浜キャンプ場へ

道の駅センザキッチンから約14キロ、二位ノ浜キャンプ場にやってきました。良さそうだったらお世話になろうと思ってやってきた、シーズンオフは無料のキャンプ場です。

ご覧の通り、二位ノ浜が目の前に広がってましてサーフィンをする人たちがちらほら。だだっ広い駐車場には車は数台。施設をチェックすると、トイレもきれいだし水場もちゃんと使えるので、

今夜はここをキャンプ地とする!

いうことでいそいそと昼宴会の準備を始めましたよ~。

こちらは夕方の写真です。サーフィンの人たちも帰ってしまい、貸切状態に!のんびりと翌朝まで過ごすことができました。

写真右に見えているのが管理棟ですが、シーズンオフは無人です。その右隣りにトイレ、さらに炊事棟があります。トイレは洋式でそれなりにきれいですし、水もきちんと出る、これで無料はありがたいです。そして、海の音以外はとっても静かでした。

■ 二位ノ浜キャンプ場 ■
所在地 ▶▶
山口県長門市日置上1026−1
環 境 ▶▶
二位ノ浜海水浴場前      
駐車場 ▶▶
200台(シーズン中は有料)
トイレ ▶▶
洋式、ウォシュレットなし      
その他設備 ▶▶
炊事棟
※情報は行った時間帯により確認できた内容のみとなっています。

二位ノ浜キャンプ場満喫:お昼は海鮮の宴

はいでは、お昼の宴はじめていきたいと思います。
メインは、道の駅センザキッチン(道の駅情報はこちらから)で仕入れたピッカピカの刺身盛りでございます。7点盛りで780円はお安い!そして新鮮!どれを食べてもおいしいです。

さらにセンザキッチンではミックス弁当とじゃこ飯を買ってあります。

もう美味しいつまみは充分にあるし、今夜はここで泊まりだし、お昼から飲んじゃいます。じゃこ飯もおいしいし、ミックス弁当にはマトウダイのフライのほかにも魚のおかずが色々入っていておいしい!お値打ち弁当でした。

二位ノ浜キャンプ場満喫:夜は肉の宴

夕方すぎの二位ノ浜キャンプ場、とうとう早起き鳥一家の貸切りとなりました。時折来る車もしばらくすると帰っていくので、そろそろ暗くなるし今日はこのままかな…。

じゃあ、夜の宴開始しますか!

ということで、これまた道の駅センザキッチンで仕入れたフグの身ぽん酢和えと粒うに、そして京都の錦市場で買った(その様子はこちらから)山椒のきいた佃煮を前菜にスタート!粒うにと佃煮は道の駅萩しーまーと(道の駅情報はこちらから)で買った萩焼の小皿に盛り付けました。

これは贅沢な前菜3点セット!今回はじめて買ったこの「粒うに」が出色ですね~、塩気もきつくないしウニの味が濃いです。

さあさあ、前菜3点セットで飲んでいるうちに火がイイ感じに熾きてきたのでお肉タイムに突入です。こちらは奈良の「道の駅かつらぎ」で買った、鹿肉とひね鶏(親鶏)をBBQに備えて冷凍しておいたもの。

こちらは鹿肉。戸村のたれで。
柔らかくてクセがなくておいしいんですが、肉が薄いので焼き加減に気をつかいますな 笑

こちらはひね鶏(親鳥)。塩コショウ&柚子胡椒で。
こちらは噛みがたえがあるだろうと、覚悟して口に入れるとあらら?噛み応えは確かにあるものの、サクッと嚙み切れていってどんどんうま味が出てきます。ん~、イケる。

二位ノ浜キャンプ場満喫:焚火とウイスキー

暗くなる前に食事は大体終えて、片付けもほとんど完了。あとは少しのつまみとウイスキーのお湯割りで焚火を楽しむタイムにします。

山のキャンプ場も好きだけど、やっぱり海のキャンプ場はいいなあ…。北海道・積丹半島の野塚野営場を思い出すなあ、また行きたいな。(野塚野営場の記事はこちらから

25日目:日帰り温泉からスタート

黄波戸温泉交流センターの日帰り湯

おはようございます、旅25日目の朝です。二位ノ浜キャンプ場でゆっくり海辺のモーニングタイムをすごして、すぐ近くにある「黄波戸温泉交流センター」にやってきました。二位ノ浜キャンプ場からは約3キロ、なんとも便利な場所にある日帰り温泉です。

とはいっても、二位ノ浜キャンプ場からのルートは道の狭い区間がしばらくありますので、ご注意ください。そして建物には「日置(へき)農村活性化交流センター」とありますが、ここで大丈夫です。入浴料は大人ひとり400円と、これまたありがたい料金設定です。

こちらのお風呂は内湯と露天風呂があります、肌にやさしい感じの温泉です。そしてこの温泉、高台にあるので内湯でも露天風呂でもどちらからでもとっても眺めがいいです。きれいな海をはさんで仙崎の街と青島が一望できて、気分爽快!

黄波戸温泉交流センター : 山口県長門市日置上3137−1

コメント

タイトルとURLをコピーしました