【キャンピングカー快適化 2021】その1 セルフ診断とトラブル発生!?

2021年キャンピングカー快適化その1 アイキャッチ キャンピングカー快適化
スポンサーリンク

マイキャンピングカーK2、2021年初のトラブル発生!?のお話です。久しぶりに診断機を使ったセルフチェックで驚きの結果が出て焦る早起き鳥一家…。

スポンサーリンク

2021年初、セルフ診断からのトラブル発生!?

診断機「LAUNCH」を使ったK2のセルフ診断

昨年3月にミッション不具合でK2が走行不能となり(その記事はこちらから)、ミッションを換装してから約7ヶ月たちました。


故障が発覚してすぐに購入したLAUNCHの診断機。昨年6月に修理が完了したあと数回診断しましたが問題点はひとつも発見されず。それで安心してしまい、車の収納庫に保管したまま今日まで活用せずにいました。ふと思うことがあり、久しぶりにセルフ診断をしてみたところ、

出ましたよ出ましたよ、いや出ちゃいました診断レポート(問題点)が・・・(汗)

エンジン(ECM)関連に1ヶ所、ミッション(TCM)関連に3ヶ所の問題点発見ですと!?

LAUNCHの診断機(スキャンツール)とは

LAUNCHの診断機は、車のOBD2コネクタにつないで操作することでエンジン、ABS、エアバッグ、トランスミッションシステムのトラブルの原因となる可能性があるエラーコードの取得やエラーのリセットができます。

さらに、その診断結果を内蔵されたWi-FiでPCやスマートフォンへデータ送信することができます。送信された診断結果をディーラーに転送することで、不具合への対処方法のアドバイスをもらうなどの対応ができる便利機能付きです。

また、Wi-Fiが組み込まれていることで直接診断機を最新のソフトウエアへアップデートができます。

LAUNCHの診断結果レポート:エンジン診断結果

まず、エンジンの診断結果は…。赤文字の部分が問題点です。

1.エアコントロールネガティブガバナーの偏向風量高

???、何のことでしょうかね、、、。

LAUNCHの診断結果レポート:ミッション診断結果

そしてミッションの診断結果ですが…。

1.ギアボックスサブシステム不具合(エンゲージ解除不良)
2.シフトポジションセンサー回路電圧が想定範囲外
3.ギアボックスサブシステム不具合(不測のギアエンゲージ解除)

ん~何がどうなのかよく理解できていませんが、ミッション診断の(1.ギアボックスサブシステム云々)はヤバイ匂いがします。
この診断レポートをすぐにフジカーズジャパンへメールして対処方法を相談しなければ。
走行しても異常は感じられず、その他警告ランプの点灯は何もありませんので大事にならなければいいのですが…。

フジカーズジャパンへ診断結果を持ち込んでみた

セルフ診断の翌日、フジカーズジャパンへ

早速、フジカーズジャパン浜松店でチェックしてもらうことにしました。診断内容はメールであらかじめ送信して参考にしてもらい、さらに詳細に診断していただきます。浜松店の整備士の方は元マセラティの整備など外車整備の経験が豊富な方だそうで、頼もしいかぎりです!

診断が終わって、詳細なレポートをいただきました。

先に結果を書くとエンジン、ミッション共に問題はなかったとのこと(特大のホッ・・・!)

そして診断の詳細レポートを見ながら説明を受けたところ、どうやらOBD2プログラムのエラーらしくマセラティなどでも似たようなレポートが出たことがあるとの事でした。いずれソフトがバージョンアップされればこういったことも解決されるはずとの説明で、次回ソフトのバージョンアップ時に修正されたら書き換えますねと。
今日のところはエラーメッセージをいったん消去し、念のためしばらく様子を見てみましょう。。。

今回初めて専用診断機での結果を見せてもらいましたが、項目の詳細さと具体的なレポートにはビックリですね。
ただ自分の簡易診断機がプロ用診断機と同じ個所の問題点レポートが出たと言うことで、簡易診断機もまんざら捨てたもんじゃないと自己満足できましたね~(笑)
 

■ マイキャンピングカーDATA
車 名:LIVINGSTONE K2(リビングストーンK2)
ベース車:フィアットデュカト

サイズ:全長5460mm 、全幅2070mm 、全高2560mm
※車検取得時のサイズ
室内高:1890mm
乗車 / 就寝定員:4人/大人2人
エンジン / 排気量::ディーゼルターボ 2300cc 130HP
駆動 / ミッション:2WD / 6AT(セミオートマチック)

次回のマイキャンピングカーK2の快適化はこちらから!
【キャンピングカー快適化 2021】その2 冬旅を快適化する

コメント

  1. AGW より:

    診断結果、懸念事項が無くて良かったですね。私も修理後、特に変な事は起こっていませんが毎回ドキドキものです。あのアラーム音は心臓に悪いです。
    一応緊急事態用にと牽引ロープも入れました。以前TVでやっていましたが、車が動かなくなった時、後ろから人力で押しても力が分散するので動かず、前輪タイヤ自体を手で回転させるようにすると容易に動くそうです。力が必要な箇所に与えると効率的に効くようです。

    • 早起き鳥Q 早起き鳥Q より:

      こんにちは。
      警告音やランプ点灯は本当に精神衛生上良くないですよね。故障を経験してから外気温が3℃以下に下がったと知らせてくれる黄色ランプがあの場所に点いただけで心臓がバクバクします(笑)
      牽引ロープまで準備されているのですね、流石です。
      そういえば今日トルマボイラーのリモートスイッチを入れると赤いランプが点いたままに…!
      季節に関係なく月に2回はメンテナンス点火させているのですけど、、、。
      この仕様のボイラーにはリモートスイッチにも本体にもリセットボタンが無いようで途方に暮れてます。
      しかもフジカーズは火曜日定休日ですしね(泣)
      よくもまあ次から次へとトラブルが起こるものですね。。。

  2. のんちゃん より:

    色々とトラブルが起こりますね。。。
    トルマヒーターのエラーコードはトルマの取説に載っていますよ。

    とは言っても、日本語じゃないので…翻訳が必要ですが。。。

    我が家のK2は何一つトラブルも無く、今年の5月に車検を控えておりますが…何時トラブルがってこんな記事を目にする度にドキドキしています。

    • 早起き鳥Q 早起き鳥Q より:

      こんばんは。
      免許取得後に初めて車を購入してからK2で14台目になりますが、乗る度にこんなにハラハラドキドキさせてもらうのは初めてです(笑)
      頂いたマニュアルやトルマのHPなど見てみたのですが分からずじまい、、、
      トルマを使用されている方々からのアドバイスをいただきながら色々試してみましたどれも上手くいかずでした(泣)
      そして最悪なことに本体にあるヒューズの切れを確認するために外し、問題なかったので再度装着しようと思ったらスルッと指から滑り落ち本体内部の底へ・・・
      カバーを外そうにも普通のドライバーでは無理なようで明日フジカーズへ持ち込むしかなくなるという本当にドジな自分が嫌になります。。。

タイトルとURLをコピーしました