【キャンピングカー快適化 2021】その2 冬旅を快適化する

キャンピングカー快適化 2021 その2アイキャッチ キャンピングカー快適化
スポンサーリンク

マイキャンピングカーK2、2021年快適化その2は寒い時期の旅を快適化する!です。扇風機を工夫して暖房を快適化、そしてレストルームの快適化です。

スポンサーリンク

秋から冬の旅で快適化したくなったこと

その1:新しく温湿度計を購入しました

ダイネットにある湿度計が壊れてしまったので、温湿度計を新たに購入しました。今回購入したのは「ThermoPro 温湿度計」。ワイヤレスのセンサーが1つ付いていて、2箇所の気温をモニターすることができます。

温湿度計の本体はキッチンとベッドの間に壁に両面テープで設置。エンジンを切ると外気温を知ることができないので、ワイヤレスセンサーは外気温がわかる場所に設置したいと思います。

ワイヤレスセンサーの設置場所は、ベッド下後部の右側にある収納の中に決定。ここは床面の一部がメッシュになっていて外気と接しているので、センサーを設置するのに丁度いい場所です。

ただし、後部右側の収納にはリチウムイオン電池とインバーターがあるので、これらの発する熱の影響を受けないようにする必要があります。なにか断熱できる材料を加工してセンサーを覆うものを作らなければ…。

最初は銀マットを加工しようと思いましたが、銀マットに貼られているアルミがBluetoothに影響する可能性が高いので別の材料を探すことに。家にある材料をさがして見つけた発砲系の断熱材を箱型に加工してセンサーを覆い、メッシュの上に固定しました。

写真のように、上段が外気温、下段が室温と湿度をモニターできるようになりました。

その3:加湿器で乾燥対策

寒くなってくるとどんどん空気が乾燥してきますよね。ノドを痛めて風邪をひきやすいので、加湿器は自宅でも必須です。もちろん旅の最中は長く過ごすことになる車内にも。

USBからの電源供給とバッテリー内蔵タイプの加湿器を購入しました。噴出し口が2方向にあり、噴出し方法も4通り選択できて2方向同時噴出しを選択すると加湿力アップ、交互吹き出しにすると長時間加湿させることもできます。サイズもドリンクフォルダにも収まるほどコンパクトなので、使う場所にあわせて移動できて便利です。

その3:車内の空気循環で暖房を効率よく気持ちよく

寒い時期の旅にはFFヒーターの快適さが欠かせないことは、最初にキャンピングカーをレンタルした時(その記事はこちらから)に身をもって知りました。もちろん、マイキャンピングカーK2にもFFヒーターが搭載されています。

K2のFFヒーターの温度センサーはFFヒーターの操作盤の隣にあります。ここはそう、天井に近い位置なんです。暖房で温まった空気は上にあがるので、ここにセンサーがあると人が快適な温かさを感じる前にヒーターが弱まってしまうんですよ~。足元が充分に温まらないことも…。

そこで、百円ショップの突っ張り棒2本と扇風機を駆使して、

こんなふうに設置してみました!
突っ張り棒を張っている場所はしっかりした素材の場所ですし、扇風機は軽いので突っ張り棒自体もあまり強く張らなくても大丈夫です。(場所によっては壁が変形してしまったりする場合もあるのでご注意ください)

換気扇は天井に近い温まった空気を下に流してくれます。そしてセンサー付近の空気の温度が下がって、全体が快適な気温になるまで暖房が続けられます。設置場所も出入りや室内の移動には気にならない場所だし、カンタンに付けはずしができるので便利です。

この扇風機、「どこでもファン」という商品名で扇風機兼換気扇として購入した(その記事はこちらから)もので、軽量でUSB電源の省エネタイプです。角度調整用の足があることで場所を選ばず設置しやすく、今回のようにサーキューレーターとしても使えて1台3役のお役立ちグッズです。

その4:レストスペースの快適化

K2のオーナーになってから1年以上になりました。短い旅から長い旅まで、暑い時期から寒い時期まで旅をして「これはいるのかな?」となってきたものがあります。

ひとつはレストルームに敷いてある木製のすのこです。隙間からごみが落ちるので掃除しにくいし、重いし、あんまりいいことないなーと思っていたんですが…。

すのこをはずして掃除した時に見つけました、床(FRP)の傷。どうやらすのこを大きく踏み外したときについてしまったようです。これはもう一旦はずしておこう。

代わりに、厚手で穴のあいていないバスマットをホームセンターで購入。
型取りをして、はさみでカット。

余った部分から足りない部分を切り出して接着し、

はい完成です!

床にも足にもやさしいレストルームの中敷きが完成しました。サイズぴったり!そして掃除もしやすい!(自己満足)敷いて踏んでみてわかりましたが、これ温かいです。ますます、ナイス!

■ マイキャンピングカーDATA
車 名:LIVINGSTONE K2(リビングストーンK2)
ベース車:フィアットデュカト

サイズ:全長5460mm 、全幅2070mm 、全高2560mm
※車検取得時のサイズ
室内高:1890mm
乗車 / 就寝定員:4人/大人2人
エンジン / 排気量::ディーゼルターボ 2300cc 130HP
駆動 / ミッション:2WD / 6AT(セミオートマチック)

次回のマイキャンピングカーK2の快適化はこちらから!
【キャンピングカー快適化 2021】その3 スライドドアまわりの快適化

コメント

タイトルとURLをコピーしました