【K2で日本をめぐる旅2020】夏から秋への北海道・東北 函館で仕上げ編①

北海道東北旅2020 10月の函館の夜景 キャンピングカーで日本をめぐる旅
スポンサーリンク

2020年9月中旬、名古屋からフェリーで一気に北の大地へ。そこから約ひと月をかけて最初は最北端へ、そして最後は函館へと北海道を巡ります。そのあとは、函館から青森県大間に渡って東北を縦断して仙台を目指していきます!

旅35日目、函館市内のRVパーク「はこだて緑園通」に滞在。夜はもうすぐ北海道にお別れということでスペシャルディナーを!

スポンサーリンク

35日目:函館のRVパークへ、そしてスペシャルディナー!

前回のキャンピングカーで日本をめぐる旅はこちら!
【K2で日本をめぐる旅2020】夏から秋への北海道・東北 羊蹄山~噴火湾ぐるり編⑤

函館観光の準備をしておこう

おはようございます、旅35日目、道の駅なないろ・ななえで迎えた朝です。
このあと函館市内に入って、RVパークに2泊する予定です。チェックイン前に買い出しと観光の準備をしておかなくちゃ。

買い出しでこんなの買っちゃいました~。北海道旅も残すところわずかです、アレコレ買いたくなっちゃうんですよね。

それで観光の準備ですが、函館観光に便利な「市電・函館バス2日乗車券」を手に入れておきたいと思います。函館市内の主なエリアで市電と函館バスが乗り降り自由な乗車券です。1日乗車券もあります。

コンビニのチケットサービスで購入しておくと、最初に乗った車内で乗車券と引き換えることができます。大人ひとり1,700円、早起き鳥一家はセブンイレブンで購入しました。

函館市内にある「RVパークはこだて緑園通」へ

さて、チェックイン可能な時間になったので「RVパークはこだて緑園通」にやってきました。ホテル緑園通のフロントで手続きをします。この時点で我々だけだったので、好きな駐車場所を選ばせもらえました。やっぱり、トイレと水場の近くがいいかな。

このRVパークにはは24時間利用可能なトイレ、そしてトイレへの入口前にシンクのある水道(24時間利用可能)があります。2泊するので今回は電源を利用、そしてごみ処理対応可能(有料)なのでそれもお願いしました。燃えるゴミとそれ以外で2枚、けっこう大きなゴミ袋が渡されます。

場所は函館の市街地にあり、電停の深堀町まで歩いて10分くらいの距離です。交差点の角で日中の交通量が多いですが、夜には静かになりました。道路の反対側にはローソンとコインランドリーがあって、なかなか便利な立地だと思います。

あと、希望すると近くにある日帰り温泉「にしき湯」の割安な入浴券を買うことができますよ。早起き鳥一家も利用しました。

■ RVパークはこだて緑園通 ■
所在地 ▶▶
北海道函館市本通3丁目15-11
環 境 ▶▶
市街地、日中は交通量多い      
RVパーク利用料 ▶▶
1台2,000円/日(トレーラー・バスコン2,500円/日)
トイレ ▶▶
ウォシュレットあり      
その他 ▶▶
水道あり、電源500円/日、ごみ処理対応可100円
詳しくは https://www.kurumatabi.com/park/rvpark/811.html

湯の川温泉:鮨処 木はらへ

RVパークに落ち着いたあとは、コインランドリーで洗濯したり、日帰り温泉「にしき湯」に行ったりして夕方まで過ごしました。
そして夕方、今回の旅一番のスペシャルディナーにお出かけします!

スペシャルディナーのお店は、湯の川温泉にある「鮨処 木はら」です。この日のために前もって予約をしておきましたよ~。出張族だったPが函館でイチオシのお寿司屋さんです。

鮨処 木はらでいただく「花コース」序盤

今回いただくのは8,000円(税抜)のコース「花コース」です。
店内に入って予約の旨を伝えると、個室に通していただきました。ビールを注文してすぐ、先付の2品が供されました。ひとつは煮凝り、ひとつはお刺身の山かけでした。そして最初の一品、

!! 感動のイカです !!

イカの身の透明感がすごいです。そして、肝は切られても形がしっかりしていて新鮮さを感じます。口に入れると、身の食感といい、肝のおいしさといい、初めての味わいです。うーん、函館のイカ、すごいな。

このあとに続いて出されたのが「たちポン酢」です。「たち」はきくわたのことです。ぽん酢のジュレと、クリーミーな「たち」、絶妙。そして新鮮なお造り、このあとにイクラの乗った茶わん蒸しをいただきました。

鮨処 木はらでいただく「花コース」中盤

ここでお腹がいっぱいになる予感がしてきたので、日本酒にスイッチです。

銘柄は忘れちゃいましたけど、とってもおいしい日本酒でした。

日本酒をおいしくいただきながら楽しく話をしていると、焼き物の登場です。銀だらの脂ののった身がおいしい。そして、百合根まんじゅうだと思いますが熱々カニあんがとろりとかかって、ほっとする一品でした。

鮨処 木はらでいただく「花コース」フィナーレ

だいぶお腹がふくれてきたなーという頃に、女将さんが海鮮スープを持ってきてくださいました。ちょっとお話をして、「撮りましょうか?」と言ってくださったのでツーショットを撮ってもらいました。

!! そしてフィナーレの握り鮨です !!

艶やかなマグロ、エッジのきいたホタテ、身のしっかりしたウニ、プリプリのボタンエビなどネタの良さが際立つお寿司、堪能しました。はあ~、おいしい食べ物は人を幸せにするなあ…。

最後はデザートのわさびシャーベット(!?)で満腹、大満足の夜でした。

市電でぼちぼち帰ります

上機嫌で鮨処木はら」をあとにして、歩いて10分ほどの湯の川温泉電停へ。だいたい、目の前で逃すんですよねー、タイミング悪く。次の市電が来るのをのんびり待ってRVパークに帰りましたとさ。

明日は函館の街歩きと、夜景を楽しみたいと思います。いい夜でした、おやすみなさい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました