【K2で日本をめぐる旅2020】南信州へプチ旅 山と温泉編

2020南信州プチ旅 IC キャンピングカーで日本をめぐる旅
スポンサーリンク

暑さがちっともおさまらない8月末、涼しさを求めて南信州へ小さなお出かけをしました。以前から気になっていた城下町を散策したら、南信州にある道の駅へ、そして山へ、温泉へ。標高の高い場所で過ごす涼しい3日間その3です。

スポンサーリンク

2日目のつづき:茶臼山高原へ

前回のキャンピングカーで日本をめぐる旅はこちら!
【K2で日本をめぐる旅2020】南信州へプチ旅 道の駅で温泉編

茶臼山高原へ

最初は道の駅信州新野千石平へ立ち寄るつもりでしたが、マップに茶臼山高原というのを見つけました。冬はスキー場か…、これは涼しいかも!

ということで、茶臼山高原のリフト乗り場の駐車場へやってきました。夏場でも観光リフトが動いているようです。そして、すごく涼しい!リフト乗り場のある第一駐車場は5時で閉まってしまうので、開放されている第三駐車場へ移動しました。

今夜はここで過ごしましょうか。

3時のおやつは栗きんとん♪

3時のおやつに昨日岩村町本通りで買い求めた栗きんとん、いただきたいと思います!
かわいらしい包みを開けてみると、栗の実そのままの色をしたお菓子が現れました。お正月に食べる栗きんとんとは全然違うんですよね~。

ほんとうに栗の実だけをまとめたという感じで栗の風味がとても豊か、甘さもほどよくすごくおいしかったです。

信州そば焼酎にすだちを添えて

阿智村のスーパーで買い出しにした時にみつけた信州そば焼酎、さっそく開けてみました。すだちを添えて水割りでいただきます。

クセのないすっきりした味わいで、おいしくいただけました!

3日目のつづき:茶臼山高原の観光リフトと温泉

茶臼山高原の観光リフトに乗ってみました

昨日茶臼山高原の観光リフト乗り場を見に行ったときに、お得なチケットを見つけました!観光リフトの往復券と日帰り温泉湯~らんどパルとよねの入浴券がセットで1,000円になる「まる得ゆったりチケット」です。

観光リフトは往復券が800円、湯~らんどパルとよねの入浴券は600円なので400円もお得になります。ゆったりチケットを買って、オープンを待ってリフトに乗ってみましたよ~。

茶臼山高原の観光リフトは、標高1,358メートルの萩太郎山の山頂近くまで運んでくれます。

観光リフトで萩太郎山の山頂へ

観光リフトに乗って山頂が近づいてくると、足元にきれいなお花畑が広がっています。

写真中央奥の丸い建物が山頂にある萩太郎山展望台です。そこまで行けば山頂制覇!ですよ。リフト乗り場からちょっと歩くだけです。萩太郎山展望台からの眺めは周囲の山々がよく見えて、とても気持ちのいいものでした。

萩太郎山のお向かいにある茶臼山は標高1,415メートル、愛知県の最高峰です。

写真右手には40万株の芝桜が植えられた「芝桜の丘」があります。見ごろは5月後半くらいからのようです。広々とした丘に芝桜が一面に咲いていたらとってもきれいだろうな~、花の咲く季節にまた訪れてみたいです。

日帰り温泉「湯~らんどパルとよね」へ

さて、茶臼山高原をあとにして観光リフトのチケットとセットになっていた日帰り温泉「湯~らんどパルとよね」にやってきました。

国道151号線から少し入ったところにあるので、こういった機会でもないとなかなか訪れることがなさそうです。

入ってみると、温泉のほかに特産品ショップ、レストラン、休憩所がありました。入浴券は番台の人に渡してしまうのですが、出る時に声をかければ再入浴の券をいただけます。

温泉はしっとりと肌になじむ感じのやわらかいお湯です。広い内湯とこじんまりとした露天風呂、この日は混んでいなかったのでのんびり温泉を楽しむことができました。

湯~らんどパルとよね : 愛知県北設楽郡豊根村上黒川長野田20

湯~らんどパルとよねにあるレストランでランチ

温泉に入ってふう~っとリラックスしたあとは、レストランでランチです。

頼んだのはとんかつ定食と、山菜そば。いろいろ食べたくて違うものを必ず頼んでしまう早起き鳥一家です。揚げたてとんかつ、おいしくいただきました。休憩所でしばらく休んだら、また温泉につかろうっと。

さて今回の旅は短いものでしたが、これでおしまいです。毎日の暑さにまいっていたので、涼しいところで過ごせてとてもリフレッシュできました。安全運転で家路につきたいと思います。

次の旅は9月後半からスタート、行き先は北海道です!行きのフェリーの予約は済ませましたよ~。どんな旅になるか今から楽しみです。

 

この旅のシリーズはこれで終わりです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

次のキャンピングカーで日本をめぐる旅はこちらから!
【K2で日本をめぐる旅2020】夏から秋への北海道・東北 40時間の船旅①編

コメント

タイトルとURLをコピーしました