家を売ることにしました ③【マンション売却から引渡しまで】

家を売ることにしました セカンドライフ準備編
スポンサーリンク

セカンドライフについて自分たちの理想、資金計画、住まいについていろいろ検討した結果、住まいについては新しい拠点を手に入れ、現在の自宅マンションを手放すことにしました。自宅マンションを居住しながら売りに出した数か月間の記録その3です。

スポンサーリンク

マンションの適正な価格をさぐる

ゴールデンウイークから4週は内見希望がまったくなかったわけですが、久しぶりに1件内見が入りました。とはいえ、売り出してからもう2か月になろうとしています。内見の次の日に不動産会社の担当さんと打合せをすることになりました。

マンション価格の値決め

最初にネットでマンションの一括査定をしたときに提示される額は、各不動産会社によってかなりのバラつきがありました。媒介契約を結んだ不動産会社の査定はその中間くらいの査定でしたが、妥当と思えたのでそれにちょっとだけ上乗せした形で売り出し価格を決めました。

不動産会社の担当の人の意見も、近い過去の同じマンションや近隣のマンションの価格状況をみても妥当な金額ですということでした。ちょっとの上乗せはそれで売れたらいいなあという希望と、値下げ交渉を考えてのことです。

一回目の価格改定

前日の内見も購入申し込みには至らないまま打合せに入り、これまでのアクセス・問い合わせ状況、近辺の現在の売り物件、成約が決まった近辺の物件の㎡あたりの単価などをこまかく説明してもらいます。

専属専任媒介契約の場合、営業活動報告を週に1回メールでもらいます。自分の物件への問い合わせ数、アクセス数、資料請求の数、内見の数、その対応などが報告されます。ただ、営業活動報告だけでは価格がその地域で妥当なのかどうかの判断はしづらいので、打合せをしてそういった情報を得るのは大事だと思います。

現在の提示額で内見が思うように集まらないい以上、こういったデータをふまえて価格を変えてみるとまた違ってくるかもしれません。

担当の人からも、妥当な金額だとは思いますが少し下げて反応を見てみましょうということで価格改定をすることにしました。このことによって物件情報が更新されるので、見る人が増えるというメリットもあります。

価格の改定から2週間おいて、2件の内見が入りました。効果あった!?と喜びますが購入申し込みにはいたらず。次の週も2件の内見が入りましたが、すっかり気持ちがやさぐれてしまい、にこやかに見学の方を送り出したあとには「どうせ今度も・・・」といじけた気持ちに(笑)成約への道ははてしなく遠く感じました。

二回目の価格改定と媒介契約延長

価格改定して5週目に1件また内見の予約が入りましたが、もうすぐ媒介契約を結んで3か月が過ぎようとしています。契約更新の時期になって、不動産会社を変えることも頭をよぎります。

内見の前に再度、担当さんと打合せをしました。結論として、もう少しの値下げ、最初の価格からするとキリのいい金額を値下げし、媒介契約は更新することにしました。夜には新価格を登録するという話で担当さんとは別れました。

不動産会社の担当の人との話は住宅業界の経験が長かったPにおまかせですが、価格改定の話が決まったところでPがこんな話を切り出しました。決めた金額までの範囲ならば、購入希望者との価格交渉での値引きをおまかせするということです。

購入希望者の方との交渉をスムーズにしてもらうためにもそういうのも有効かなと思いました。

購入希望者あらわる


家を売るということは、不安との闘いだな~と思いながらはや3か月が過ぎようとしていました。

逆転ホームラン!?

その日の午後、内見の方が見えました。まだ価格改定前だし、いつもの担当の人も今日はいないしという内見で正直、なんだかあまり期待できませんでした。

ところがその日の夜に担当の人から電話があり、Pにつなぎました。いつも連絡はメールなので「もしかして」と思い、「はい、はい」でしか応答しないPの横でかたずをのんで待ちます。電話を切ったPが、

「購入申し込みしたいって」

!!!やった!!!

はじめての購入申し込みでした。
担当さんは内見には立ち会えませんでしたが、そのあと事務所で内見していただいた方と会って交渉、今日価格改定することを上手に伝えて華麗に申込みをゲットしてくれました、感謝です。

内見にきていただいた方々

最初に聞いた話によると我が家のような1LDKは、シングル、ご夫婦など幅広い層の人にニーズがあるということでしたが、結果は・・・。

これまで内見をしていただいたのは8組、担当の人が言う通り、シングル、ご夫婦、赤ちゃん連れのご夫婦、外国の方といろいろな方が内見にきてくださいました。シングルの方は女性が多かったのが意外でした。

購入申し込みから先のこと

購入申し込みをいただいて、とりあえずホッと一息。これからは契約、最終決済と手続きを進めることになります。その間に、引越しの準備をしなければ。忙しくなりそうです。

実はここから先もなかなか長いのです、でも先が見えてきました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました