【サンライズ出雲】あこがれの寝台車に乗る鳥取・島根旅 ②

【寝台車サンライズ出雲】鳥取・島根旅 IC 国内の旅
スポンサーリンク

いつかは乗ってみたかった!あこがれの寝台列車に乗る旅に出ました。現在は少なくなった寝台車に乗るために参加したツアー。行きは羽田から飛行機、帰りは寝台列車「サンライズ出雲」で東京に帰るという2泊3日の旅のその2です。境港で海鮮市場と水木しげるロードへ!

スポンサーリンク

「サンライズ出雲」に乗る鳥取・島根旅 2日目

シャトルバスで境港へ

おはようございます。
縁結びパーフェクトチケットを利用して、松江しんじ湖温泉駅前から境港へのシャトルバスに乗りました。着いたのは、境港駅前です。

漫画家の水木しげるさんが境港市出身ということで、境港駅からもう妖怪一色です。

ゲゲゲの鬼太郎ラッピング電車や、

駅前には妖怪に囲まれながら仕事をする水木先生の姿など

駅前から水木しげる記念館までの通りの周辺は妖怪たちにいろどられた通りになっています。

さて、水木しげるロードはゆっくりあとで見ることにして、タクシーで「境港水産物直売センター」へむかいました。

境港の市場へ

「境港水産物直売センター」は境港駅からタクシーで5分くらいの場所にあります。

この直売センターは境港で水揚げされた新鮮が海の幸が買えるということで楽しみにしてきました。でも、名物の松葉ガニの解禁は次の週ということでタイミングがちょっと~。

たくさんの海の幸!
ほかにも、発泡スチロール容器に地魚がいっぱい詰められて1,000円(!!)というのもあってとても魅力的でした。

松葉ガニは解禁前ですから、今並んでいるのはきれいな紅松葉かにたち。
試食させてもらいましたがとってもおいしかったですよ~。

キャンピングカー旅に出ることになったら買い出しにきたい場所リスト入り決定です。カニももちろんですけど、地魚盛りが忘れられない・・・。

水木しげるロード

境港水産物直売センターから境港駅までは2kmちょっとありそうですが、途中から水木しげるロードにはいるのでのんびり歩いて戻ることにします。

水木しげるロードはいろいろな人でにぎわっていました。ファミリーも多かったですね~、小さい子が熱心に、というか妖怪の前から離れない・・(笑 

水木しげるロードにはこういう妖怪像がところどころにあって、写真スポットになっていました。妖怪推しのこの商店街ですが、ちょっと昭和レトロなお店のたたずまいもあったりして楽しめるスポットでした。

境港駅で回転寿司

境港駅前に戻ってきました。シャトルバスに乗ってしんじ湖温泉駅前にもどる前にすこしは海の幸を味わっておきたいな~、ということで境港駅に隣接するさかいみなと交流館にある「回転ずし大漁丸」に入店です。

新鮮なつぶ貝に、

ほどよく脂ののったまぐろ、

他にも、カニの握り(おいしい!)や魚の頭がどんとはいったド迫力のあら汁(おススメです!)などなど、とってもおいしいランチをいただきました。

出雲大社参拝のまえに寄り道をたっぷり

シャトルバスで松江しんじ湖温泉駅前に戻ってきました。ここからは一畑電車で出雲大社へ向かいます。松江しんじ湖温泉駅前から乗車して、前半は宍道湖をながめながら1時間ほどで出雲大社前駅に到着しました。

レトロな駅舎、いいですね

ここから参道をしばらく歩いていきます。

これはやっぱり食べるでしょ~ということで、「そば処出雲えにし」へ。

三色割子、おいしくいただきました。

ん?さっきランチ食べてたでしょ?とお思いの方もいるかと思いますが、旅先ですからいいのです。でもこの2度のランチがあとで功を奏することになるのでした。

コシのあるおそばにいろいろな味でおいしいです♪

縁結びパーフェクトチケット :  https://www.san-in-tabi.net/ticket/enmusubi.html
境港水産物直売センター : 鳥取県境港市昭和町9-5 
回転ずし大漁丸みなとさかい店  : 鳥取県境港市大正町215番地 みなとさかい交流館 1F
そば処出雲えにし : 島根県出雲市大社町杵築南正門西836−1

コメント 記事の感想や旅の情報など、気軽にお寄せください

道の駅情報まとめ

これまでの旅で訪れた道の駅情報です。
現在195箇所
北海道25・東北50・関東甲信35・東海33・北陸16・近畿19・中国17箇所!

2021年54日間夏旅!!

2021年の夏旅はみちのく旅。
山形~秋田~青森を中心にある日は観光、ある日は釣りと自由きままに旅しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました