【キャンピングカーで日本をめぐる旅2021】近畿~山陰大横断の春旅 ⑯ 若狭満喫ドライブ

2021近畿~山陰大横断の春旅 山陰編 キャンピングカーで日本をめぐる旅
スポンサーリンク

2021年3月下旬、フェリーで三重へ渡りました。そこから桜を求めて奈良へ、京都へ。近畿を旅したその後は、山陰へ足を伸ばして下関まで大横断!感動とワクワクのキャンピングカー旅です。

旅14日は、琵琶湖の湖岸緑地からスタート。晴れたにもかかわらず猛烈な風に心も大揺れ、なぜか早起き鳥一家は若狭へ!

スポンサーリンク

14日目:荒天の琵琶湖に突然の方向転換

本日琵琶湖は晴天なれど…涙

おはようございます、旅14日目の朝です。朝もはよから天気予報を気にして、何回見ても強風の予報は変わらず…。晴れたのに、晴れているのに焚火はできない!

湖岸緑地に着いたのは一昨日、今日も一日無為に過ごすのもどうかと思い…。

「どっかへドライブでもしちゃうー?」
「いーね!いーね!だったらあの温泉良かったからもう一回行きたい!」

ということで向かった先は鯖街道、目指すのは小浜市にある日帰り温泉「濱の湯」です!

鯖街道を若狭小浜にむけてひた走る

琵琶湖大橋を渡って、国道367号線へ。「鯖街道」と呼ばれる道路を北上していきます。途中からもう鯖寿司のお店が点々と現れます。湖岸緑地から約40キロ走って「道の駅くつき新本陣」に着きました。ちょっと、休憩。

鯖街道にある道の駅らしく、鯖寿司、鯖サンド、鯖そうめん、鯖缶など鯖の商品が豊富です。野菜や山菜は安いですね~、おいしそうなクレソンを一束買いました。120円!

■ 道の駅くつき新本陣 ■
所在地 ▶▶
滋賀県高島市朽木市場777
環 境 ▶▶
国道367号線沿い      
駐車場 ▶▶
普通車93(身障者用4)台、大型車3台 
トイレ ▶▶
ウォシュレットあり      
お 店 ▶▶
特産品・農産物ショップ、敷地内にレストランあり
その他 ▶▶
道路を挟んでローソンあり
※情報は行った時間帯により確認できた内容のみとなっています。

お気に入りの温泉「濱の湯」に到着

道の駅くつき新本陣から約33キロ、お目当ての日帰り温泉「御食国若狭おばま 濱の湯」にやってきました。ここ、また来たいな~と思っていた温泉なんです。

温泉施設は3階にあるので、海が一望。内湯でも露天風呂でも若狭の海を眺めながら入浴できます。そして露天風呂にある「海草(あまも)の湯」。インパクトのある緑色のお湯ですが、つるりとしてなんとも気持ちいいんです。うれしいな~、また来れて。

入浴料は大人ひとり620円です。脱衣室は広くてとてもきれい、しかも海が一望できるリラックスペースもあるんです。他にも海を見ながら休憩できるカウンター、そしてお食事処「味わい処濱亭」があります。ここのご飯も楽しみなんですよ。

御食国若狭おばま 濱の湯 : 福井県小浜市川崎3-4

濱の湯のお食事処で福井名物をいただく

ふう、やっぱりいいお風呂やった~!とPと合流してお食事処へ。楽しみにしていたもうひとつがこのメニューです。福井名物、「越前おろしそば」と「焼き鯖鮨」でございます。越前おろしそば、たっぷりの大根おろしが冷たいお蕎麦に合うんですよね~。そして焼き鯖鮨もおいしい!

Pが勧めてくれたので、Qは昼からハイボールをいただいております。あは、至福のひととき。

さて、今日はこれからどうしようか、そしてこのあとどうしようか…。

協議の結果、せっかく日本海側に出たならということで、少し足を伸ばすことにしました!今日は一度東に向かって三方五湖へ行き、そのあとは一転西に進路を変えて行ったことのない天橋立へ、そして伊根の舟屋を最終目的地にすることに。なんだかワクワクしてきたぞ!

「ふくいのおいしい水 津島名水」を汲みにいく

「濱の湯」の近くにおいしい湧水があるという情報を得た早起き鳥一家、三方五湖に向かう前に立ち寄りました。

「え?」と思うくらい「濱の湯」からすぐで、なんと漁港が目の前です。おもしろいところに湧水があるんですねー。さっそく「ふくいのおいしい水 津島名水」汲ませていただきたいと思います。

木の看板の後ろに囲いと屋根があって、すこし段差をおりるとそこにはこんこんと自噴する「津島名水」が。あとで飲んでみると、雑味なくまろやか、おいしいお水でした。明日はこれでコーヒーを淹れよう。

津島名水 : 福井県小浜市小浜津島

三方五湖有料道路を通ってレインボーライン山頂公園駐車場へ

三方五湖の絶景を見てみたくて、三方五湖有料道路の海山料金所を目指しています。料金は普通車が1,060円です。途中から三方五湖である三方湖と水月湖のほとりを走りますが、この辺りは梅が名産なのかな。梅林と、所々に梅干しの販売所がありました。梅の花の頃はさぞ綺麗だろうなあ。

三方五湖有料道路に入って山道をうねうね。途中の景色もきれいでしたが、レインボーライン山頂公園駐車場からの眺めは格別です。

こちらは日本海の絶景、

そしてこちらは三方五湖の絶景です。いやー、きれいだなあ。

第一駐車場からさらにリフトやケーブルカーで山頂公園にある「天空のテラス」というビュースポットに行けますが、ここからの景色で充分満足しました。

レインボーラインのショップで「梅」のお土産

天空のテラスへのリフト代よりも早起き鳥一家が選んだのは…、そう、こちらの梅酒でした!

どちらも福福井県産の梅を使った甘くない梅酒。「BENICHU 38°」はノンシュガー梅酒、そして「BENICHU 20°」は微糖の梅酒です。常々、市販の梅酒は甘すぎると思っているので、これは楽しみですよ~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました