【キャンピングカーで日本をめぐる旅2023】夏旅!北海道 日高十勝編④ 幸福駅・愛国駅・帯広グルメ

2023年初夏の四国旅 帰宅編 キャンピングカーで日本をめぐる旅
スポンサーリンク

2023年の夏、早起き鳥一家は北の大地へ。約束の地から旅をスタートして道東へ、最東端・納沙布岬をめざします。そのあとは涼を求めて気まぐれ旅~。

旅5日目。なつかしの帯広観光スポット「幸福駅」「愛国駅」へ。そのあとは帯広グルメ、豚丼を食べてインデアンカレーもゲット!

スポンサーリンク

5日目:幸福から愛国へ、そして帯広グルメ

帯広市「広尾線幸福駅跡」で思い出たどり①

おはようございます旅5日目、幕別町にある「道の駅忠類」を出発して帯広方面へ。十勝らしい広大な畑の広がる風景を楽しみながらドライブして「広尾線幸福駅跡」にやってきました。23年前の北海道車中泊旅で訪れた思い出の場所です。

23年前はですね、当時乗っていたランドクルーザープラドで1週間の車中泊旅をしたんですよ。昔すぎて詳細は思い出せませんが、やっぱり写真を撮っておくのは大事ですねえ。2人とも若かったわ(笑)

ということで朝のまだ誰もいない「幸福駅跡」で記念撮影。駅舎は変わりないなあ。

ここも記念撮影したなあ…、ということで23年後の今日もパシャリ。うーん、あまり実感が定かでないけどもう23年もたったのかぁと感慨しきり。

広尾線幸福駅跡 : 北海道帯広市幸福町東1線

帯広市「広尾線愛国駅跡」で思い出たどり②

「幸福駅跡」から「愛国駅跡」にやってきました。まあ本当は「愛の国から幸福へ」っていうことなので、順番が逆なんですけどね(笑)

このさっぱりとした駅舎は覚えていないなあ。周りが噴水のあるきれいな公園になっているのもあまり覚えていない…、わりと最近なのかな。

でもこれの前で写真を撮ったことは覚えています。まだあったんだ、嬉しいなあ。

「愛国駅」から「幸福駅」へ、これがブームになったのはいつのことなんだろう?と調べてみました。ブームが起きたきっかけは1973年(昭和48年)のNHK「新日本紀行」、「幸福への旅 〜帯広〜」という番組が放映されたことから火がついたそうです。

てっきりね~、清里みたいな「an・an」「non-no」に取り上げられてブームになった系かと思っていましたが10年以上先輩なんですな。(清里ブームは1989年あたりのこと)

広尾線愛国駅跡 : 北海道帯広市愛国町基線39−40

人も愛車もさっぱりと、帯広市「やよい乃湯」へ

キャンピングカーの洗車、なかなか洗車場が見つからなかったりするワケですが…。
この3日間北海道を走ってみて、ガソリンスタンドに付随してコイン洗車があるのをけっこうみかけました。しかもコイン洗車のマシンからホースが伸びているだけのスタイルなので、車高も気にしなくていいところが多いです。

ということで「幸福駅跡」から「愛国駅跡」の間で見つけたホクレンのGSにあったコイン洗車でZIL5をさっぱりピカピカに!

そして「愛国駅跡」を訪ねたあと、帯広の市街地にある日帰り温泉「やよい乃湯」で人もさっぱりと。鉄の匂いのするようなちょっと茶色い温泉、よくあたたまって気持ちのいい湯でした。(入浴料大人ひとり480円、石鹸類なし、ドライヤー3分10円)

天然温泉 やよい乃湯 : 北海道帯広市西18条南2丁目5−32

帯広名物の豚丼を「いっぴん」で食べるよ

前夜。Qは布団のなかでめっちゃ悩んでいた。帯広でのランチ、豚丼にするか、インデアンカレーにするーか。うーん…、zzz。そして翌朝「えー今日のランチはいっぴんで豚丼、そしてインデアンカレーをテイクアウトして晩御飯とする!」と宣言。

豚丼はできたて、香ばしく焼いた肉をほかほかご飯に乗せたてを食べたい。インデアンカレーはルーだけをテイクアウトできる(←安上り)ので、車中飯で炊き立てご飯にかけて楽しむことができる。完璧なプランだね、ふふふ。

ということで「やよい乃湯」でさっぱりしたあとにやってきたのが「十勝豚丼いっぴん 帯広本店」です。ほぼオープンの11時に到着、次々車がやってきます。お店に入って席に着いたら、豚丼のレギュラー2つと山わさびトッピングひとつ、味噌汁ひとつをオーダー。

店員さんの応対も丁寧、そしてオーダーも細かく選ぶことができるんです。
まずはごはんと肉、それぞれの盛りの組み合わせで写真のようにアレンジ自在。お肉のカットも、切らない~一口サイズ(1切れを3枚にカットするのがレギュラー)まで4段階で選べます。さらにネギのありなし、タレの多い少ないまで指定可能ときめ細かい!

そしてやってきました豚丼のレギュラーです。ご飯&肉はレギュラー、タレもカットもレギュラーでネギはデフォルトのままトッピング、山わさびは追加しました。

香ばしく焼かれた豚肉、おいしい!タレもほどよいな~。そして山わさび、これがまたいい仕事します。肉に乗せるよりタレのしみたご飯に乗っけてその上から肉を乗せるとバツグンにおいしかったです。

十勝豚丼 いっぴん 帯広本店 : 北海道帯広市西21条南3丁目5

「カレーショップインデアン」でテイクアウト

ふう「いっぴん」の豚丼、おいしかったなあ。23年前にも豚丼食べたんですが、あまり美味しかったという記憶なし。今回で記憶は塗り替えられました。さて、お次は「カレーショップインデアン」へ。

店の外までいい香りがしてきて、豚丼で満腹でも食欲が刺激されまくる(笑)
ちょうどお昼時、店内で食べる人は待ちが出ています。お店のホームページでも推奨しているので、自前の鍋を持って店内へ。店員さんがテキパキと対処してくれて、待つことしばしで熱々カレールー2人前が入った鍋が返ってきました。すでにいい匂い、夕ご飯まで持つかなぁ…。

カレーショップインデアン 東5条店 : 北海道帯広市東5条南12丁目

さあ、帯広グルメをひとつは食べてひとつはテイクアウトしました。お次は池田町にある「いけだワイン城」にむかいます。

コメント 記事の感想や旅の情報など、気軽にお寄せください

過去旅PICKUP”夏旅” 2020夏の東海北陸

2020 夏の東海北陸

2021 みちのく夏紀行

2021 みちのく夏紀行

2022 夏はやっぱり北へ!

2022 夏はやっぱり北へ!

■ ■ ■  道の駅 まとめ ■ ■ ■

道の駅情報まとめ

これまでの旅で訪れた道の駅情報です。
現在全国427箇所!
北海道51東北71関東甲信59東海45北陸27近畿40中国29四国40九州65

■ ■ ■  ラーメンまとめ ■ ■ ■

■ ■ ■  これまでの旅 ■ ■ ■

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました