【キャンピングカーで日本をめぐる旅2021】近畿~山陰大横断の春旅 ㉕ 大山寺とモンベル

2021近畿~山陰大横断の春旅 中海の夕日 キャンピングカーで日本をめぐる旅
スポンサーリンク

2021年3月下旬、フェリーで三重へ渡りました。そこから桜を求めて奈良へ、京都へ。近畿を旅したその後は、山陰へ足を伸ばして下関まで大横断!感動とワクワクのキャンピングカー旅です。

旅20日目は、鳥取の名峰大山に。開山1,300年という歴史ある大山寺と、大山にある2つのモンベルのショップを訪れます。

スポンサーリンク

20日目のつづき:大山寺と2つのモンベルショップ

大山寺に詣でる

大山ナショナルパークセンターのある県営大山第5駐車場から歩きだしました。開山1,300年と歴史の古い大山寺を訪れたいと思います。ナショナルパークセンターの前を通って、御幸参道本通りへ。大山寺の山門までまっすぐに上り坂が続いています。

御幸参道本通り沿いには宿やカフェ、そしてモンベルフレンドマーケット「大山参道市場」などが並んでいます。今朝は天気もいいし、歩くの気持ちいいなあ。

県営大山第5駐車場からは600メートルほど、大山寺の山門に到着です。ちょっと汗かいたかな…。参拝志納金ひとり300円をお納めして、本堂まではもうひと頑張り。

大山寺の本堂です。
奈良時代に開山され、一時期には僧兵3,000人を抱え天台宗における西日本の一大拠点だった大山寺。明治期の廃仏毀釈によって急激に衰退したものの寺号は復活し、現在も静かなたたずまいを見せています。

帰りは本堂右手から佐陀川のほうに伸びる遊歩道へ。木々がきれいな中門院園地を通って御幸参道本通りに戻りました。

大山寺 : 鳥取県西伯郡大山町大山9

大山にあるモンベルショップ①:大山参道市場

さて、御幸参道本通りを中ほどまで下って、大山寺橋への丁字路の正面にある「大山参道市場」にやってきました。ここはモンベルが手掛けている「山の駅」ということで、特産品やお土産、そして大山のグッズやモンベルのグッズが並んでいます。

パンがとっても美味しそうな「ベーカリーカフェSANDO」も併設。ショップ、見ていて楽しいですね~。お菓子、野菜、地ビールや乳製品、ハムなどの加工品まで、どれもおいしそう。鳥取はカレー推しなのかな?カレーも種類がいろいろありました。

店内にはモンベルのグッズも販売されているので、見ると欲しくなっちゃうんですよね~。近くにあるモンベル大山店ものぞいてみよう。

大山バターとトマトときのこのカレーパスタのキットを買いました。食べるの楽しみ。

モンベルフレンドマーケット 大山参道市場 : 鳥取県西伯郡大山町大山23−1

大山にあるモンベルショップ②:モンベル大山店

「大山参道市場」の前の丁字路を大山寺橋の方へ歩くと、橋のたもとにモンベル大山店があります。後ろに大山、そして横には佐陀川、いいロケーションです。

中に入ると、2階のクッカーなどのあるコーナーへ。時間を忘れて見ちゃいますねえ、あれこれ欲しくなっちゃって。

モンベル大山店の前には、大山開山1300年を記念しモンベルが大山町に寄贈したマンホール蓋があります。大山の北壁と天然記念物のダイセンキャラボクをモチーフにした、ここだけに設置されているレア物です。

ちなみに、このマンホールの特別蓋は3枚製作されています。そして、なんと限定1枚で大山町のふるさと納税返礼品として出品(?)されていますよ~、いかがです?寄付金額は100万円以上…。

残りの1枚はどうするんだろう?予備かしら。

モンベル 大山店 : 鳥取県西伯郡大山町大山115

大山ナショナルパークセンターに戻る

大山さんぽを終えて大山ナショナルパークセンターに戻ってきました。

大山ナショナルパークセンターは、登山やレジャーの基地として休憩所などが設けられている入館無料の施設。きれいなトイレもあります。ここにコインシャワーがあるので利用させてもらいます。

コインシャワーは3室あって、とってもきれいです。料金は5分200円。5分だとちょっと急げば頭から体まできれいにできますね~。大山さんぽでかいた汗をさっぱり流すことができました。

大山ナショナルパークセンター : 鳥取県西伯郡大山町大山40−33

大山から境港へ、いいお店発見!

大山をあとにして一気に日本海まで駆け下り、境港にやってきました。大山から見るとこんな場所です。きれいな湾ですね~。

まずはJR境港駅を目指していたわけなんですけど、ちょっと買いたいものがあって目についたドラッグストアに立ち寄りました。ダイレックス境港店、はじめてのお店だな~。

中に入ってみると、ドラッグストアというよりは大きなスーパーマーケット。野菜が安い!そして鮮魚もいろいろありましたよ。そして家電も売っていたりするのです…。

地元産のゆで竹の子198円!いちご1パック198円!うるい1パック98円!
春の味を安く買えて大満足でした。

ダイレックスは西日本と甲信越を中心に店舗展開している、「ディスカウントストア・ドラッグストア・生鮮惣菜の融合店」。またおもしろいお店見つけちゃいました、見かけたら立ち寄るリスト入りです。

ダイレックス境港店 : 鳥取県境港市上道町2177番2

コメント

タイトルとURLをコピーしました