【K2で日本をめぐる旅2020】夏から秋への北海道・東北 岩手で懐かしの味めぐり編②

北海道東北旅2020 秋の岩手路とキャンピングカーK2 キャンピングカーで日本をめぐる旅
スポンサーリンク

2020年9月中旬、名古屋からフェリーで一気に北の大地へ。そこから約ひと月をかけて最初は最北端へ、そして最後は函館へと北海道を巡ります。そのあとは、函館から青森県大間に渡って東北を縦断して仙台を目指していきます!

旅43日目のつづきは、盛岡民のソウルフードと呼ばれる福田パンへ。そして旅44日目、パン祭りのお次はパスタ祭り!?

スポンサーリンク

43日目のつづき:福田パンで秋のパン祭り♪

自分好みのサンドができる、福田パンみたけ店へ

ゆぴあすで日帰り入浴をしてさっぱりしたあとは、福田パンみたけ店へ。本店は長田町にありますが、広い駐車場のあるみたけ店に到着。たくさんショップが集まった一角に福田パンの店舗がありました。

お久しぶりです~!
福田パンを知ったきっかけは、近所のスーパーで催事販売されていたのを見てからです。スーパーで販売されているのはジャムやクリームなどのはさんである袋入りのコッペパンですが、福田パンのお店ではいろんな中身を自分でチョイスしてコッペパンにサンドしてもらえます。

調理系から甘い系までいろいろあって、しかもはさみ方もオーダーできるんです。(調理系同士、甘い系同士で2種類まで組み合わせられます)

基本のはさみ方は「ミックス」、これはパンをひらいて左右それぞれに違う味をはさむというもの。パンを閉じれば上下に具が重なるわけですね。もうひとつは「半々」、こちらはひらいたパンの上下に塗り(乗せ)分けるというもの。味が混ざらず、一つのパンのなかで二つの味が楽しめます。

早起き鳥一家はこんな感じでサンドしてもらいました。

いちばん左は、イチゴミルククリームとピーナツクリームサンド。これは「半々」でサンドしてもらいました。シールがわかりやすく貼ってありますね。
真ん中はコンビーフたまご、これはこの日のおススメだったかな。
いちばん右はバジルチキンにキーマカレートッピング。これは「ミックス」でサンドしてもらいっています。

ということで全部で3つをお買い上げです。福田パンのコッペパンはかなり大きいので、3つでも多いくらいです。でもこのコッペパン、ふっかふかでおいしいんですよ~。食べるのが楽しみです♪

福田パンみたけ店 :  岩手県盛岡市みたけ2丁目9−60 アクロスプラザ内

今夜の車中飯:福田パンの調理系パンを堪能♪

はい、お楽しみの時間がやってきました。パンなんで、ビールのほかにワインも用意しましたよ。

左がコンビーフたまご、右がバジルチキンにキーマカレートッピングです。ん~、どっちもおいしい!具がたっぷりでふかふかパンとよく合います。懐かしの味、またひとつ食べることができました!

44日目:パン祭りからパスタ祭りへ!

朝のパン祭りは、甘い系の福田パンで

おはようございます、旅44日目の朝です。
朝は昨日買っておいた福田パンの甘い系、イチゴミルククリームとピーナツクリームの「半々」です。

切ってみるとこんな感じで、ひとつのパンで二つの味が楽しめます。

二人でひとつのパンは少ないんじゃいか?大丈夫です、なぜならお昼は暴食の予定でからです!

パンとコーヒーであっさり済ませたあとは、コインランドリーへ。これから市内をドライブして昔を懐かしみながら目的のお店に向かいます。

長田町・喫茶ひまわりへ

盛岡駅から500メートルほどのところでしょうか、長田町にある喫茶ひまわりにやってきました。お店の裏に数台分の駐車場があります。K2は停めることができました。

裏手の駐車場から通路を通って、お店の表へ。よく通った店なので、変わらないたたずまいが嬉しいです。落ち着いた店内には以前と同じように大きなスピーカーが置かれていました。

喫茶ひまわり : 岩手県盛岡市長田町4−12

喫茶ひまわりで食べたかったのはこのパスタ

こんな落ち着いた感じの素敵な喫茶店で早起き鳥一家がなにを食べるのかというと、スープパスタです!喫茶ひまわりには三種類のスープパスタがあります。トマトのスープパスタ、クリームのスープパスタ、そしてアサリのスープパスタ。

メニューをにらんで悩みに悩む、早起き鳥一家。スープパスタは2種類頼むとして、カレーも食べたいけど、ホットサンドも食べたい。ああ~!と悩んだ結果今回はこちらをオーダーしました。

これだけははずせない、トマトスープパスタ。最初はこれにハマってずい分通いました。深い器にピリッと辛いトマトスープの海、その赤い海を泳ぐ細いパスタ、たっぷりの粉チーズ。そして熱々!やっぱりうまいや!

そして、クリームスープパスタ、こちらは牛乳ベースのスープです。さらっとしたシチューのようなほっとするお味です。もちろん熱々。涙をのんで諦めたもうひとつのスープパスタはアサリの塩味スープ。これもね、おいしいんですよ。

そして、カレーか!ホットサンドか?と迷った末に、カレーを頼みました。しかも、目玉焼きのせの特製カレー。あきらかに食べすぎですが、今日は特別。

変わらずおいしい懐かしの味、大、大、大満喫しました。

盛岡中心部の見どころ・食べどころを少しご紹介

写真は盛岡の中心部を流れる中津川、とても美しい流れです。写っている橋は中ノ橋で、写真左に橋を渡ると盛岡城址公園、右側の橋のたもとには旧岩手銀行のレトロな建物があります。

少し歩きますが、盛岡地方裁判所の敷地には「石割桜」と呼ばれる、文字通り大きな岩を割るようにして生えている大きな桜の木があります。春には桜が見事に咲きます。

この中津川ですが、北上川に合流します。10月下旬くらいのサケの遡上の季節になると、中津川にもサケの姿が見られるようになります。この季節に盛岡を訪れる際には、橋の上からのぞいてみてくださいね。

盛岡といえばわんこそばや、盛岡冷麺が有名です。わんこそばの有名店のひとつに「そば処 東屋」があります。本店は中ノ橋から近いところにあるんですが、ここでおススメしたいのは特製かつ丼です 笑 お蕎麦ももちろんおいしいんですが、特製かつ丼、かなりおいしいです。

盛岡冷麺はやはり「ぴょんぴょん舎」が有名でおいしいですが、お店によって味が違うのでお好きな方は食べ比べてみるのも楽しいと思います。

さて、われわれ早起き鳥一家は、次なる懐かしの味をもとめて盛岡市の南に位置する矢巾町に移動します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました