【キャンピングカーで日本をめぐる旅2021】近畿~山陰大横断の春旅 ⑱ 天橋立ウォークと伊根の舟屋

2021近畿~山陰大横断の春旅 山陰編 キャンピングカーで日本をめぐる旅
スポンサーリンク

2021年3月下旬、フェリーで三重へ渡りました。そこから桜を求めて奈良へ、京都へ。近畿を旅したその後は、山陰へ足を伸ばして下関まで大横断!感動とワクワクのキャンピングカー旅です。

旅15日の午後は天橋立を体感ウォーク。そして舟屋で有名な伊根の道の駅へ。翌日は伊根湾めぐり遊覧船で伊根の舟屋を海から見ます。

スポンサーリンク

15日目のつづき:天橋立をさんぽ、そして道の駅へ

車中飯:重慶飯店の麻辣火鍋麺で激辛ランチ

傘松公園からの天橋立の眺め「昇龍観」を楽しんできました!で~、傘松公園にあるAmaTerrace(アマテラス)のAmaDining(アマダイニング)かAmaCafe(アマカフェ)でご飯を食べようと思ったんですが。はい!お休みでした~ 泣 サーディンバーガー食べたかった…。

そのまま駐車場に戻ってきて、もう適当に食べようということに。レンジでご飯を温めて、あとは「中華三昧の重慶飯店 麻辣火鍋麺」に残りのきのこや小松菜、ネギをいれて火鍋麺完成!

うおおお、辛い、麺モチモチ、辛い、辛いけどウマイ。

天橋立さんぽ

さて、お腹も落ち着いたので天橋立ウォーク、行きたいと思います。観光協会駐車場は天橋立の北側の入口近くにあります。ここからウォークスタート。

少し歩いて振り向くと、「特別史跡 天橋立」の石碑が。左側の道から歩いてきました。

このあたりに公衆トイレがひとつ、しばらく先にも公衆トイレがあります。途中には、ベンチや東屋など休憩できる場所もあります。平日でも歩いている人もいるし、レンタサイクルでサイクリングを楽しむ人たちも。

右を見ても海、左を見ても海っていうのがおもしろいですね。天橋立の北側から歩くと左手の海は外海、砂浜が広がり波が打ち寄せています。右手の海は護岸されていて、水面は静かそのもの。なにか不思議ですねえ。

静かな散策路を歩いていると、突然のエンジン音!

なにごと~?!と思ったら郵便バイクが走り抜けていきました。(小さいサイズのバイクは通っても良いようです)すんごいショートカットできるもんね。

ずらりと並ぶ松、途中途中には古くて歴史のある松も。台風で大きな被害を受けたこともあったそうです。天橋立の全長は約3.6キロ、もう少し歩くと中間かな、そこで折り返すことにしよう。

道の駅舟屋の里伊根

日本三景のひとつ「天橋立」をあとにして国道178号線を北上、「道の駅舟屋の里伊根」にやってきました。国道178号線から入った舟屋の里公園内にあるので静かな場所です。

写真はおみやげ店、海産物を中心に販売しています。この建物の右側にきれいなトイレ、左側の建物の1階に軽食と観光案内コーナー、2階にはレストランがあります。

■ 道の駅舟屋の里伊根 ■
所在地 ▶▶
京都府与謝郡伊根町字亀島459
環 境 ▶▶
伊根湾を見下ろす高台、静か      
駐車場 ▶▶
普通車138(身障者用3)台、大型車4台 
トイレ ▶▶
ウォシュレットあり      
お 店 ▶▶
特産品ショップ、軽食、レストランなど
その他 ▶▶
伊根湾の眺望がすばらしい
※情報は行った時間帯により確認できた内容のみとなっています。

道の駅舟屋の里伊根からの絶景!

道の駅舟屋の里伊根は高台にあるので、伊根湾のすばらしい眺めを楽しむことができます。

これが伊根の舟屋かあ~。ちょっと望遠レンズで撮ってみよう。

しだれ桜ごしにズームして撮ってみましたよ~。なかなかイイ感じ。

明日は伊根湾めぐり遊覧船で海から伊根の舟屋の眺めを楽しみたいと思います。

16日目:遊覧船に乗って伊根湾めぐり

伊根湾めぐり遊覧船に乗船

おはようございます、旅16日目の朝です。本日朝イチは、昨日天橋立の傘松公園で買った「伊根傘松観光券」を使って伊根湾めぐり遊覧船に乗りたいと思います。伊根湾めぐり遊覧船の乗り場日出駅にやってきました。乗船場にはお土産やおやつも販売されていますよ。

「伊根傘松観光券」は大人ひとり1,500円で傘松公園へのケーブルカー・リフトの往復、伊根湾めぐり遊覧船に乗ることができます。有効期限は2日間です。金額もお得ですが、プチおまけがちょっと楽しい!

傘松公園ではかわらけ投げのかわらけが1枚いただけます。そして、伊根湾めぐり遊覧船ではカモメのえさが1袋いただけます。早速、観光券を出して受付。カモメのえさはかっぱえびせんでした!2人で2袋もらったから、1つはカモメのおやつ、1つは人のおやつにするか…。

さて、乗船時間がやってきました。行ってきま~す。

伊根湾めぐり遊覧船(日出駅) : 京都府与謝郡伊根町日出11

伊根湾を遊覧、伊根の舟屋を海から見る

とてもいい天気になって、遊覧船日和です!

さっそく出航するとカモメがついてきますね~。

伊根の舟屋は重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。海に浮かぶようにずらりと並ぶ舟屋、1階は船を入れられるようになっている独特の建物です。

船が収納されているのがよくわかります。伊根湾は入口に島があり波も穏やかな天然の港、それがこのような建物を生み出したのかもしれませんね。

カモメじゃないなにかに餌やり

出航直後はカモメが遊覧船についてきていたんですが、途中からトンビ(たぶん)がカモメにまじるように。で、エサを指先で持って待ってみると…、

き、来たーーーーー!

バシッ!!!(←エサを取る音)

い、痛ってええええ!!

えびせん(エサ)だけを取るってことはできないようで、手にすごいぶつかってくんですな。痛いのなんのって…。あとのえびせんは投げてキャッチしてもらいました。すごい上手にキャッチするんですよ~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました