【K2で日本をめぐる旅2020】夏から秋への北海道・東北 健さんのロケ地ツアー②編

北海道東北旅2020 ゆにガーデン キャンピングカーで日本をめぐる旅
スポンサーリンク

2020年9月中旬、名古屋からフェリーで一気に北の大地へ。そこから約ひと月をかけて最初は最北端へ、そして最後は函館へと北海道を巡ります。そのあとは、函館から青森県大間に渡って東北を縦断して仙台を目指していきます!

旅5日目のつづきは、さらに高倉健さん主演の映画「鉄道員(ぽっぽや)」のロケ地を訪ねます。その前に道の駅やトマムリゾートへちょっと寄り道!

スポンサーリンク

5日目のつづき:健さんロケ地ツアーの一日、その2

前回のキャンピングカーで日本をめぐる旅はこちら!
【K2で日本をめぐる旅2020】夏から秋への北海道・東北 健さんのロケ地ツアー①編

夕張市にある千鳥ヶ滝で散策タイム

「幸せの黄色いハンカチ想い出ひろば」をあとにして、国道452号線へ。しばらく南下して国道274号線に出ます。由仁町方面へ少し走って千鳥ヶ滝へやってきました。広い駐車場と公園があって滝の眺めと散策を楽しめます。

紅葉にはちょっと早かったですけど、いい景色ですねえ。

公園(滝の上公園)には橋が2つあって、一周できる散策路になっています。ひとつは吊り橋ですがあまり揺れないつくりなので、苦手な方でも渡れるかなと思います。この写真は滝に近いほうの橋から。紅葉の盛りにはもっときれいな景色が楽しめそうです。

千鳥ヶ滝 : 北海道夕張市滝ノ上

「道の駅自然体感しむかっぷ」でランチと買い物

ちょうどお昼ぐらいに「道の駅自然体感しむかっぷ」に着きました。ちょうど連休だったので大にぎわいです。食堂でザンギ定食とラーメンを食べて、売店をのぞきました。売店はお土産品が中心です。

その売店で買ったのがこちら「北海道産原料使用 山菜詰め合わせ」。500円くらいだったと思います。ふき、わらび、たけのこの水煮詰め合わせです。これはかなりおススメです!中身がたっぷりで水煮のくせがなく、とってもおいしかったです。

鶏肉やなめこと一緒に山菜鍋にしました(あとで記事にしたいと思います)。

■ 道の駅自然体感しむかっぷ ■
所在地 ▶▶
北海道勇払郡占冠村字中央
環 境 ▶▶
国道237号線沿い      
駐車場 ▶▶
普通車123(身障者用2)台、大型車5台、2か所に分かれている
トイレ ▶▶
24時間利用可能トイレは一部ウォシュレットあり(施設内はウォシュレットあり)
お 店 ▶▶
食堂、そば店、ソフトクリーム、売店(お土産中心)など
※情報は行った時間帯により確認できた内容のみとなっています。

星野リゾート・トマムへ

「道の駅自然体感しむかっぷ」をあとにして国道237号線から道道136号線へ。のどかな景色のなかを走ること20キロちょっと、星野リゾート・トマムに着きました。

山と緑ののどかな風景に忽然と現れる、タワーホテル。
やっぱり、ちょっと驚きますわ…。ホテルの前にはこんなのどかな風景がひろがっています。

このトマムリゾート、健さん主演の「鉄道員(ぽっぽや)」に名前だけ登場します。健さんと同じく定年を迎える同期の再就職先がトマムリゾート。健さんの行く末を心配したその同期(小林稔侍)は、トマムへの再就職を説得にやってくるというシーンがあります。

結局健さんは首を縦には振りませんでした。鉄道員ひとすじの不器用な男に、華やかなリゾートでどんな仕事があるのか…。健さんの先行きに対する心中は映画では描かれていません。

「鉄道員(ぽっぽや)」のロケ地、幾寅駅へ

道道136号線から道道1117号線を経て、国道38号線へ。南富良野町にある幾寅駅にやってきました。ここが高倉健さん主演の映画「鉄道員(ぽっぽや)」の主な舞台となった駅のロケ地です。映画では「幌舞(ほろまい)駅」です。

現在は列車代行バスが運行され、駅の内部は「鉄道員」の資料館のようになっています。

映画「鉄道員」は健さん演じる幌舞駅の駅長が、真冬に不思議な体験をするというお話です。健さんは定年間近、幌舞駅を終点とする路線は廃線が決まります。周りが先行きを心配するなか、黙々と自分の仕事を続ける健さん。娘にも奥さんにも先立たれた孤独な男のもとに現れたのは…。

写真左奥は映画でも登場するトイレの建物。右上が線路です。雪のない幌舞駅はこんなにものどかな雰囲気なんだな。映画の中では季節は真冬、回想シーンも寒い時期が多かったように思います。

駅前にあるだるま食堂の建物も保存されいました。だるま食堂の隣には車両が保存され、中を見学することができます。保存された建物と周辺の町に特に境目はなく、自然な雰囲気で映画の雰囲気を楽しむことができます。

幾寅駅 : 北海道空知郡南富良野町字幾寅

富良野へ移動、ハートヒルパークへ

映画「鉄道員(ぽっぽや)」の雰囲気、存分に楽しむことができました。明日はまた別のロケ地めぐりをしようということで富良野市へ。マップで探しておいた富良野市八幡丘にあるハートヒルパーク駐車場にやってきました。今夜はここにお世話になります。

■ ハートヒルパーク駐車場 ■
所在地 ▶▶
北海道富良野市字八幡丘
環 境 ▶▶
道道253号線沿い、静か、眺望が良い      
駐車場 ▶▶
普通車25台、大型車10台
トイレ ▶▶
ウォシュレットなし     
その他 ▶▶
ハートヒルパーク展望台あり
※情報は行った時間帯により確認できた内容のみとなっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました