【早起き鳥のセカンドライフ日記2021】長月 1日1組の料理宿へ

早起き鳥のセカンドライフ日記2021 長月 トップ画像 セカンドライフ日記
スポンサーリンク

2021年9月のセカンドライフ日記です。緊急事態宣言の延長に意気消沈、少し気晴らしをしようと1日1組の料理宿に行ってみたというお話です。

スポンサーリンク

1日1組の宿「料理民宿 玉本屋」へ

道の駅玉露の里へ立ち寄り

2021年9月は緊急事態宣言のさなか、月末までの宣言延長も決まり遠出はしばらくお預け。県内でもいろんな場所が休業・閉鎖となっており、なにか気晴らしできることはないものか…。ということでPが見つけてくれた1日1組のお宿に行ってみることにしました。

場所は藤枝市、1日1組限定の料理宿「玉本屋」です。1日1組限定ということは貸切!?これは楽しみ~!国道1号線からそれて静かな山間を走る道へ。ここは以前も立ち寄った「道の駅玉露の里」です。

「道の駅玉露の里」は山間にある静かな道の駅、川を挟んだ対岸にはき玉露の里瓢月亭という素敵な茶室があります。

道の駅名物の玉露ソフトクリームです。お茶(葉?)の粒つぶが見える、お茶とミルクの味濃厚なソフトクリーム、おいしい!

■ 道の駅玉露の里 ■
所在地 ▶▶
静岡県藤枝市岡部町新舟1214−3
環 境 ▶▶
県道209号線沿いにある、静か      
駐車場 ▶▶
普通車90台、身障者用1台、大型車2台
トイレ ▶▶
ウォシュレットあり      
お 店 ▶▶
物産館、レストラン、ソフトクリーム(金箔ソフト、抹茶ソフト)
※情報は行った時間帯により確認できた内容のみとなっています。

藤枝市・料理民宿玉本屋到着!

道の駅玉露の里からさらに静かな山間の道を走ること約5キロ、料理民宿玉本屋に到着しました。

では、さっそくお世話になりたいと思います。

料理民宿 : 静岡県藤枝市岡部町玉取1437

着いてびっくり!1日1組の宿の内部は…

チェックインしてすぐに階上のお部屋に案内していただきます。なかなか素敵ですね~。

写真右の扉から寝室、そして右奥がトイレです。この階上のスペースはすべて私たちのみのスペースです。お宿の人からは「貸切りですので、マスクをとっておくつろぎください」と。嬉しいですね~。そして居間や食事室は、

こんな感じで困るくらい広々~!
これで寝室は別にあるんですから…。

15畳の和室に座卓、冷蔵庫、テレビ、奥にあるのは広々とした食事室です。もちろん写真を撮っている手前の部屋も使っていいワケですけれど、2人だからまあ、そこまでは。浴室は1つで階下にあります。洗い場が3つある広めのお風呂です。(18人くらいまで受け入れ可能のようです)

では、食事タイムを楽しみにしばらくのんびり過ごします。

美味しい楽しい玉本屋での夕食タイム

食事室のほうで準備の音がはじまり、やがてお声がかかりました。ふすまを開けてみると、すっかり準備がととのっています。ご時勢のため、1品1品供するスタイルからある程度並べておくスタイルに変えているそうです。

最初に並んでいたのがこちら。1品1品手をかけて作られた料理がずらりと。惜しむらくはお品書きがほしかった…。ちなみにこの日のメニューはグレードアップコースです。

きれいに焼かれたヤマメです。あ~、こういうの食べたかったんだ~。あしらいについている干し柿とクリームチーズもお酒に合います♪

お腹がいっぱいになりそうなのでビールは1本で切り上げて、お宿の名前のついた日本酒にスイッチ。呑みやすくて辛口、食事に合うおいしいお酒でした。

華やかに盛り付けられた天ぷらのあとには、鹿肉のワイン煮です。赤ワインが香るお肉がほろりな一品。

そして出色なのがこちら鹿肉のローストです!

ローストというと周りには焼き色のついた部分があるかと思いますが、削いであるようでおいしい部分だけ贅沢にいただけます。クセとかまったくなし、旨味だけ。添えられたバジルソースが合う合う。

最後のお茶の香り高いデザートと冷たい抹茶まで、すべておいしくいただきました。グレードアップコース、かなりお腹いっぱいになります。大満足でした。

翌朝、貸切のお風呂に入ってのんびり。おいしい朝ご飯を階下の食事室でいただいて、部屋にもどってまたのんびり。チェックアウトまで自由に過ごさせていただきました。とってもいい時間でした。

2021年神無月のセカンドライフ日記はこちら!
ー Coming Soon ー

コメント 記事の感想や旅の情報など、気軽にお寄せください

道の駅情報まとめ

これまでの旅で訪れた道の駅情報です。
現在195箇所
北海道25・東北50・関東甲信35・東海33・北陸16・近畿19・中国17箇所!

2021年54日間夏旅!!

2021年の夏旅はみちのく旅。
山形~秋田~青森を中心にある日は観光、ある日は釣りと自由きままに旅しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました